[CML 044729] Re: 前田朗先生に質問です、

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 8月 24日 (水) 04:17:24 JST


前田 朗@オスロ、です。
8月23日

石垣さん

趣旨のよくわからない質問ですが、田島さんへの牽制球、といったところでしょ
うか。

単細胞思考という表現が一般的かどうかは知りませんが、この種の揶揄が時に使
われるのは事実ですね。侮辱的な意味合いで用いられることもあるでしょう。私
も使ったことがあるかもしれません。

こういう場合にヘイト・スピーチという言葉を持ち出すのはまったく不適切です。

人種差別撤廃条約、国際自由権規約、諸外国の立法例の定義はそれぞれ違います
し、日本のヘイト・スピーチ解消法も独自の定義ですが、一般的に言って、「人
種、民族、国民的出身、皮膚の色、宗教などの動機により、差別や暴力を煽動す
ること」というのが典型的なヘイト・スピーチです。

前段の「人種等の動機」と「単細胞思考」とはまったく関係ありません。

後段の「差別や暴力を煽動すること」も「単細胞思考」とはまったく関係ありま
せん。

日本の論壇には、「ヘイト・スピーチは汚い言葉だ、侮蔑的な言葉だ」などと言
っているおかしな人たちが多いのも事実ですが、単なる無知です。

ではまた。

----- Original Message -----
> 前田朗先生
> お世話様です。
> お忙しいと思いますが
> ヘイトスピーチに詳しい前田先生に
> 質問です。
> 
> AさんがBさんに向かって、
> 「あなたの意見は単細胞思考でダメです。」
> と言いました。
> Bさんは「単細胞思考とは何ですか」と聞きました。
> Aさんは
> 「単細胞思考とは、
> 1回路のステロタイプを繰り返すことです。
> 批評的日本語として一般的です。」
> と答えました。
> 
> 質問 単細胞思考など辞書に載っていません、
>  「単細胞思考はダメです」
> というAさんの発言は「ヘイトスピーチ・侮辱発言」の
> ひとつではないでしょうか。
> 私は「批評的日本語として一般的です。」とは
> 思いませんが。
> 宜しかった教えてください。
>   石垣敏夫
> 
> 
> 




CML メーリングリストの案内