[CML 044718] 【ブログ記事】■【FB会議室】会員の日本史高校教師松本陽一氏と管理人古賀裕明氏に対する『公開質問書No2』

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2016年 8月 23日 (火) 12:48:30 JST


いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰しております【市民革命派】ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日月曜日(2016.08.22)に放送しました【YYNewsLive】の『メインテーマ』を加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。

【ブログ記事】

■【FB会議室】会員の日本史高校教師松本陽一氏と管理人古賀裕明氏に対する『公開質問書No2』

【画像1】会員松本陽一氏

「こういうふざけた内容の投稿をする人を仲間に入れてよいのですか?前身グループでも非科学的陰謀論にうんざりしました」

【画像2】管理人古賀裕明氏

「今後も"非科学的陰謀論" に基づく投稿が続くようであれば, 
削除の対象となることも有ります」

上記の松本陽一氏と古賀裕明氏の二人は、私が8月16日にFB会議室【反自民護憲運動(反自民国民運動改め)】に投稿した記事(注1参照)を、『ふざけた内容』『非科学的な陰謀論』とケチつけして会議室から追放した。

この二人は、以下の2つの理由で『反自民』『護憲』を叫ぶ資格は全く無いのだ!

第一の理由は、明治維新から現在まで続く【日本国民を支配し搾取する基本構造=田布施システム】を戦後の日本で再構築し現在まで支配・管理してきたのは、日本の植民地支配を目指す米国支配階級の代理人として売国してきた【田布施マフィア】の【自民党】であることを一切認めずに最初から全面否定していることだ。

二人が『反自民』を標ぼうするのであれば、先ず最初に【田布施システム】と【田布施マフィア】を理解し全面批判しなければ嘘だということだ。

戦後の【日本国民を支配し搾取する基本構造=田布施システム】を主導したのは、第一に米国支配階級が戦争犯罪を100%免責・免罪して名前を変えた天皇制=象徴天皇制のトップに据えた【アジア太平洋侵略戦争】の最大・最高の戦争犯罪人である昭和天皇である。

第二の主導者は、米国支配階級が同じように戦争犯罪を100%免責・免罪した元A級戦犯容疑者でCIAスパイとなって助命・釈放した安倍晋三の祖父岸信介と自民党である。

岸信介は米国支配階級のスパイ兼代理人として、1955年にCIA秘密資金で保守合同して誕生した自民党の初代幹事長となり、1957年には首相となり、現在まで続く米国による日本植民地支配の法的根拠である【日米安保条約】を国民の大反対を機動隊と全国動員したヤクザの暴力で圧殺して強行成立させたのだ。。

日本史高校教師松本陽一氏と管理人古賀裕明氏の二人は、私が【田布施システム】と【田布施マフィア】を批判した投稿記事に対して、『ふざけた内容』『非科学的な陰謀論』と何の根拠も示さずしかも私が【公開質問書No1】で答えを要求した12の質問には一切答えずに、一方的に会議室へのアクセスを遮断して追放したのだ。

第二の理由は、彼ら二人が『護憲』を標ぼうするのであれば、日本国憲法第21条の仝朕佑良集修亮由の保障と、検閲の禁止の規定を尊重するのが当たり前なのだが、彼ら二人は、自分たちの考えと異なった主張を検閲によって排除し表現の自由を奪い会議室から追放したのだ。

この行為は、日本国憲法を亡き者にして大日本帝国憲法に差し替えようとする安倍晋三をはじめとする自民党や公明党=創価学会や日本会議や神社本庁や桜井誠の在特会など、極右排外主義ファシストと同じ違憲行為であり、二人には『護憲』を標ぼうする資格など全くないのだ!

8月19日に送った12の質問(1-12)の『公開質問書No1』に続いて、本日新たに9の質問(13-21)を『公開質問書No2』として以下に送ります。

日本史が専門の高校教師松本陽一氏と管理人古賀裕明氏に答えるよう要求します!

▲高校日本史教師松本陽一氏と管理人古賀裕明氏に対する『公開質問書No2』

2016.08.22  山崎康彦

13)なぜ坂本龍馬が、敵対する長州藩と薩摩藩を和解させて薩長同盟を結ばせることができたのか?彼は一介の土佐藩を脱藩した浪人に過ぎなかったのに。

14)なぜ薩摩、長州、土佐、肥後を脱藩した下級武士や被差別部落民らが明治維新を起こして江戸幕府を武力で打倒できたのか?彼等にはカネも武器も何もないのに。

15)明治維新が英国政府とロスチャイルド国際金融マフィアが長州、薩摩、土佐、肥後らの下級武士と被差別部落民を使って起こした武力クーデターであったことが、なぜ日本史の教科書には書かれていないのか?

16)妹の和宮を徳川家茂に嫁がせ公武合体の平和路線で体制変革を目指した孝明天皇が
なぜ35歳の若さで急死したのか?

17)孝明天皇の妹和宮を正室として迎え入れた徳川家茂は、なぜ20歳の若さで第一次長州征伐の途中大阪城で急死したのか?

18)孝明天皇の妹和宮は1877年に箱根で31歳の若さで急死したが、なぜ左手の手首が切り取られていたのか、なぜ遺骸は裸で服飾品が一切なかったのか?

18)伊藤博文が起案し1890年に実施した【大日本帝国憲法】は、なぜ天皇に【国の統治権】【軍の統帥権】【議会解散権】【立法権】【非常大権】に加えて、【現人神】にする【神権】を与えたのか?

19)アジア・太平洋侵略戦争を主導し日本国民320万人を含む5000万人を殺した最大・最高の戦争犯罪人である昭和天皇が、なぜ戦争犯罪を100%免罪・免責され、戦後の名前を変えた天皇制=象徴天皇制のトップになれたのか?

20)1948年12月23日に処刑された7名のA級戦犯(東条英機ら6名の陸軍軍人と一人の民間人(広田弘毅)の中に一人の海軍軍人もいないのは、なぜなのか?

21)1941年12月8日にハワイ真珠湾米海軍基地を急襲して日米戦争を開始した連合艦隊司令長官山本五十六は、なぜ第一次攻撃だけで引き返し、第二次、第三次、第四次攻撃をしなかったのか?

【注1】

▲8月16日に【FB会議室】に投稿した元記事

■明治維新から現代まで続く【でっちあげ天皇制=田布施システム】とは何か?

*2年前の8月12日のYYNewsLiveの放送でメインテーマに取り上げ翌日ブログに記事としてまとめたものです。安倍晋三をはじめとする極右ファシスト勢力はこの【でっちあげ天皇制=田布施システム】の後継支配者達であり、今我々が全力で打倒すべき対象そのものです。

2014.08.13 杉並からの情報発信です (再掲)

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/c5f7c56572407ea69dbeb8a8639ce48e

1867年の明治維新以降1945年のアジア太平洋侵略戦争敗戦までの日本を支配し海外侵略戦争と国民弾圧を実行したのは【天皇制軍事独裁体制】でありその中心は【でっちあげ天皇制=田布施システム】である!

1945年の敗戦によって【でっちあげ天皇制=田布施システム】は一時的に消滅したが、戦勝国の米国支配層は戦後の日本を支配し搾取する道具として【田布施システム】を復活させ現在まで機能させている!

明治維新から敗戦まで【でっちあげ天皇制=田布施システム】を担った中心人物は、孝明天皇と睦人親王を暗殺し自らの出身地である山口県熊毛郡田布施町の大室寅之助を明治天皇にすり替え【明治天皇すり替え】を隠ぺいするために【大日本帝国憲法】を起草して【天皇神格化】【万世一系天皇】【天皇統帥権不可侵化】をでっちあげた伊藤博文であり、神格化した天皇を演じ侵略戦争を主導した昭和天皇であろう!

1945年の敗戦後、戦勝国の米国支配層と一体となって【米国による日本植民地化】の基礎を築き国民を支配し搾取してきたのは戦争責任を免責され1950年代に日本の権力機構に完全復活した【戦後の田布施システム】であろう!

戦後の【田布施システム】を担った中心人物は、戦争犯罪を免責され【平和天皇】を演じて助命と天皇制存続と引き換えに日本全土への米軍駐留を推進した昭和天皇と米国CIAスパイになることでA級戦犯処刑を逃れ米国支配層の援助で首相となり1960年に国民の大反対を暴力で封じ込んで【日米安保条約】【日米地位協定】を強行採決し現在まで続く【米国による日本支配】の法的根拠を与えた岸信介であろう!

1947年5月3日に【日本国憲法】が公布された段階で、国民は昭和天皇をはじめとする戦争犯罪の政治家や軍人や国家官僚や経済人らの責任追及と厳罰処分しついほうすべきだったのだ!

1947年5月3日に【日本国憲法】が公布された段階で、国民は国民弾圧を犯した特高官僚や内務官僚の責任を追及し厳しく処罰すべきだったのだ!

1947年5月3日に【日本国憲法】が公布された段階で、国民は【天皇制】【靖国神社】【君が代】【日の丸】を廃止すべきだったのだ!

その時には何もできず、その後もずっと何もしないできた【大きなつけ】が、今【戦後田布施システム】の守護神である安倍晋三というグロテスクなファシスト&サイコパス(人格破壊者)の政治家の登場を許し日本を戦争と貧困と差別と棄民の暗黒世界に導こうと暴走するのを許しているのだ!

【関連情報1】

(1)明治維新以降現在までの山口県田布施村と萩出身の首相8名!

伊藤博文(田布施町)、山形有朋(萩市)、桂太郎(萩市),寺内正毅(山口市),田中儀一(萩市),岸信介(田布施町),佐藤栄作(田布施町),安倍晋三(長門市)

(2)その他の山口県田布施村と萩から排出した人材

大室寅之祐 すり替え明治天皇

難波作之助 代議士(難波大助という皇太子を銃でうとうとした男の父親)

国光五郎  代議士

鮎川義介(ぎすけ)日産コンチェルンの総帥、

久原房之助(くはらふさのすけ)日立グループの総帥、

松岡洋右 外務大臣

宮本賢治 共産党書記長

京大教授の河上肇 マルクス主義を世に広めた

岩田宙造 法律界の大御所

安部源基 内務相トップの特高官僚

【関連情報2】

▼戦後国会議員になった戦前の特高官僚出身別リスト(計54名)

(『告発―戦後の特高官僚―反動潮流の源泉』参照、当選順、主な特高歴)

A:中央(内務省警保局+警視庁特高)出身者(35名)

1)増田甲子七・警保局図書課、

2)大村清一・警保局長、

3)館哲二・内務次官

4)町村金五・警保局長 *自民党衆議院議員町村信孝の実父。

5)今松治郎・警保局長

6)大麻唯男・警保局外事課長、

7)岡田忠彦・警保局長、

8)河原田稼吉・保安課長・内相、

9)田子一民・警保局保安課長兼図書課長、

10)館林三喜男・警保局事務官活動写真フィルム検閲係主任、

11)富田健治・警保局長

12)灘尾弘吉・内務次官

13)古井喜実・警保局長

14)山崎巌・警保局長 *自民党国会議員として【憲法改正】【靖国神社法案】で暗躍

15)相川勝六・警保局保安課長、

16)橋本清吉・警保局長、

17)大達茂雄・内務相、

18)後藤文夫・警保局長、

19)広瀬久忠・内務次官、

20)大坪保雄・警保局図書課長、

21)唐沢俊樹・警保局長、

22)川崎末五郎・警保局図書課長、

23)重成格・警保局検閲課長、

24)桜井三郎・警保局事務官ローマ駐在官、

25)湯沢三千男・内相、

26)金井元彦・警保局検閲課長、

27)大久保留次郎・警視庁特高課長、

28)岡田喜久治・警視庁外事課長兼特高課長

29)鈴木幹雄・警視庁特高部外事課長

30)池田清・警視庁外事課長・警視総監

31)伊能芳雄・警視庁特高課長、

32)纐纈弥三・警視庁特高課長、

33)岡崎英城・警視庁特高部長、

34)薄田美朝・大阪府特高課警部・警視総監、

35)原文兵衛・鹿児島県特高課長、警視総監

B:地方特高出身者(18都府県19名)

1)大阪:保岡武久・大阪府特高課長、

2)青森:寺本広作・青森県特高課長、

3)岩手:古屋亨・岩手県特高課長、

4)秋田:松浦栄・秋田県特高課長、

5)新潟:岡本茂・新潟県特高課長、

6)福井:菅太郎・福井県外事課長兼特高課長、

7)神奈川:安井誠一郎・神奈川県外事課長、

8)静岡:西村直己・静岡県特高課警部

9)長野:川合武・長野県特高課長

10)滋賀:吉江勝保・滋賀県特高課長、

11)京都:中村清・京都府特高課長

12)京都:丹羽喬四郎・京都府特高課長

13)和歌山:増原恵吉・和歌山県特高課長、

14)兵庫:雪沢千代治・兵庫県外事課長、

15)広島:鈴木直人・広島県特高課長、

16)鳥取:高村坂彦・鳥取県特高課長

*自民党副総裁高村正彦の実父。祖父高村宇佐吉は山口県熊毛郡三井村(現光市三井)生まれの大工の棟梁で村会議員。

17)山口:亀山孝一・山口県特高課長、

18)熊本:青柳一郎・熊本県特高課長

19)鹿児島:奥野誠亮・鹿児島県特高課長、

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内