[CML 044682] 朝鮮戦争で21歳の弟は後方支援でアメリカ兵の盾となって死んでいった・・・女性自身

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 8月 21日 (日) 13:02:13 JST


朝鮮戦争で21歳の弟は後方支援でアメリカ兵の盾となって死んでいった・・・女性自身


転送転載歓迎

京都の菊池です。

8月お盆の時期で、週刊誌は、合併号を出して2週間お休みするものが多いです。週刊で追い立てられず2週間余裕を持って読んでもらえるのですから、
読みごたえのある充実した記事を期待するのですが、
今回見渡したところ、私にとっては唯一、光文社発行の女性自身8/23・30が興味深い大切なことを伝えてくれました。

目次のスペースが小さいため、女性自身には目次に記事題とページが載ってない
記事があるため、全ページに目を通さないと見つけられない記事が時々あります。

毎日放送もドキュメンタリー番組で取り上げたことのある戦死について、

今回116〜117ページに取材記事が書かれています。


朝鮮戦争で“戦後日本人唯一の戦死者”となった中谷坂太郎さんの兄(89)が語る「集団的自衛権の危うさ」ー

21歳の弟は後方支援でアメリカ兵の盾となって死んでいった・・・

66年前から始まっていた「憲法9条破壊」


と見出しをつけて記事は書かれています。

次号は8/23火曜日に発売なので、ぎりぎりですが、今日明日まだ置いてある本屋やコンビニもあると思います。機会がありましたら、ぜひ。

また、111〜117ページには、
谷口真由美さんたちに話を聞いて、憲法特集を組んでいます。
こちらもどうぞ。

※前号は週刊女性に大切な記事を教えていただきましたが、今号では女性自身がよかったです。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内