[CML 044622] 「平和への権利・国連宣言」要請インターネット署名

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 8月 16日 (火) 02:48:30 JST


前田 朗です。
8月15日

転送歓迎

日本政府宛の「平和への権利・国連宣言」要請インターネット署名です。
https://www.change.org/p/the-right-to-peace

日本国政府 宛
「平和への権利・国連宣言」要請署名
現在、国連で平和への権利の国際法典化の作業が進められています。平和への権
利・国連宣言が国連総会で採択されれば、一人一人の市民が、国や国際機関の平
和に反する行動に対して、平和への権利の侵害を訴える道が開かれます。
2016年7月1日に人権理事会では草案が採択されました。2016年末には国
連総会で「平和への権利宣言」が採択される予定です。これを世界中の多くの政
府と市民が、平和への権利を国際的な権利とすることを求めていることを示して
います。
日本の政府代表は今までの国連の審議においては、消極的な立場を示してきまし
た。しかし、日本国憲法の前文では「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から
免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」と述べ、日本の
平和的生存権を世界の人権にすることを求めていると考えられます。
そこで、私たちは以下のことを日本政府に要求します。
私たちは、全世界の国民の平和的生存権を憲法にかかげる国の市民として、平和
への権利・国連宣言が国連総会で採択されることを望みます。日本政府も、国連
総会の審議と採択において、平和への権利・国連宣言の創設に向けて積極的な役
割を果たすように求めます。





CML メーリングリストの案内