[CML 044583] 戦争と科学者

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2016年 8月 13日 (土) 13:10:34 JST


 坂井貴司です。
 転送・天災歓迎。
 
 20世紀は科学の世紀とも呼ばれています。凄まじい勢いで科学が進歩したか
らです。それは人類の輝かしい進歩と言われました。
 しかし、その科学の進歩は、常に戦争と結びついていました。科学の進歩は戦
争を拡大させ、被害を極限までに大きくしました。同時に戦争は科学を飛躍的に
発展させました。
 空を飛びたいという人間の夢を飛行機で実現させたライト兄弟は、戦闘機を開
発しました。
 理解している人はほとんどいないのに、その存在は誰もが知ってる相対性理論
を構築したアインシュタインは核兵器、原発を可能にした方程式を作りました。
 空気から肥料を作るという魔法のような技術を開発し、人類を飢餓から救った
と賞賛されたハーバーは、毒ガスを開発しました。
 月に行きたいという夢を叶えるために、フォン・ブラウンは弾道ミサイルを開
発しました。
 そしてノーベル物理学賞を受賞し、敗戦に沈んでいた日本人を鼓舞した湯川秀
樹は、原爆開発に参加しました。そこで得た研究成果によってノーベル賞を受賞
しました。

 戦争と科学者の関係を描いた番組です。

 NHKBSプレミアム
 映像の世紀プレミアム
 「第2集戦争 科学者たちの罪と勇気」
  http://www4.nhk.or.jp/P3681/

 放送日:7月13日
 放送時間:午後7時30分〜 午後9時00分
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内