[CML 044535] 総選挙で野党共闘が勝つ方法(写真付き)

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2016年 8月 9日 (火) 15:40:34 JST


総選挙で野党共闘が勝つ方法(写真付き) 

2016年参院選長野選挙区での経験を踏まえて
ー人類が初めて原子爆弾を投下した日から71年ー  
2016.8.6  毛 利 正 道

.論説全文(A4ー13枚)
 <http://www.lcv.ne.jp/~mourima/16.8.6kyoutoukatu-1.pdf>
http://www.lcv.ne.jp/~mourima/16.8.6kyoutoukatu-1.pdf



A 私にとっての選挙結果
 ―私自身は、戦争に行って「大勢の人を死なせて」ようやく帰還した父、
内地で2度の空襲に逃げまどった母、二人の長男として昭和24年に生まれ、
決して戦争をしてはならないとの思いで生きて来ました。―
これが、後に述べる岡谷個人演説会閉会の辞での「冒頭発言」だった。
今また、3才になった可愛い孫に恵まれて、「だれの子どももさせない」と心底思
い、
憲法9条を世界に広げ、軍事に頼る世界を変えていく決意を持って選挙に臨んだ。
その結果である。これを踏まえ、早ければ、年内にもありうる総選挙で、
護憲勢力が確実に3分の一を取るために、今、なにをすべきか。

B 野党共闘を確立させるために
第1 総選挙小選挙区でも通用することを実証
第2 魅力ある共闘野党「共通政策」づくりを市民の手で
第3 野党間接着剤としての都道府県段階市民連合の拡充・新設・行動強化

C 実現する野党共闘選挙で勝利するため
第1 小選挙区単位の市民連合を早期に結成する
第2 市町村段階での市民連合も不可欠

D 参院選アラカルト
第1 国家権力との闘いに勝った、とは
第2 「若い世代の結集」について
第3  自民党復調への警戒、自民改憲案国民審査を
1 日本会議とともにどん底から復調
2 明治憲法の復元―日本会議の狙い
3 自民改憲案の国民審査大運動を

FBはこちら

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1778680705752130&set=a.1444682515818
619.1073741828.100008306530326&type=3&theater



===================================================== 

毛利正道    <mailto:mouri-m at joy.ocn.ne.jp> mouri-m at joy.ocn.ne.jp

出張相談も大いに承ります <http://www.lcv.ne.jp/~mourima/> http://www.lcv.ne.
jp/~mourima/

〒394-0005岡谷市山下町1-21-24-101法律事務所こんにちは

tel0266-75-1512   fax0266-75-1513   携帯090-4096-7065

=====================================================





CML メーリングリストの案内