[CML 044394] 【報告】第1930日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2016年 8月 1日 (月) 07:08:50 JST


青柳行信です。8月1日。【転送・転載大歓迎】

●新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟●
 8月10日(水)午後3時30分
第一回口頭弁論  福岡地裁301号大法廷
 川内原発を止めよう! 
   生命と故郷を死滅する 再稼働を許さない!!
案内チラシ http://tinyurl.com/hj55dh7

「川内原発設置変更許可処分取消訴訟」
  (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/

下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 43番目に掲載。 
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/

週刊金曜日の原発裁判コーナー ウェブサイトに掲載
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/16-07-29/

  福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
  地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
         連絡先: 080-6420-6211(青柳)

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1930目報告☆
     呼びかけ人賛同者7月30日合計4194名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
玄海町の方々のお話を聞く会に参加しました。
なかでも もう51年も 原発反対の運動に 携わってきたお寺のご住職のお話しは
説得力があり 状況がよく分かりました。
金にまみれた原発行政、 誰もかれも お金で買収されたようです。
安全神話に しがみつくのは もうやめにしましょう。
あんくるトム工房
玄海町からの報告  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4008

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆核武装論者が都知事に当選す 幾重もの仮面?がしやるべし
        (左門 2016・8・1−1465)
 ※日本の核武装について、「国際情勢によっては検討すべきだ」
 (毎日新聞のアンケート、03年11月、安倍氏もできないことを平
 然と言う。「『憲法改正をするために政界に飛び込んだ」(「夕刊フ
 ジ」15年3月11日)その他、超右翼の考えの持主。「都民ファー
 スト」ならば、これらの主義を修正できるか?厳しい見張りを!
                           
★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆見ものだね「見たこともない都政をする」
 ※小池氏の劇場型パフォーマンスに酔って、小池氏に投票した人は、早晩失望するであろう。
 小池さん、「見たこともない悪い都政」をしたらいけませんよ。
 女性という面からも見られるしね。

★ 神奈川・菅原 さんから:
春は名のみの風の寒さや谷の鶯歌は思えど
時にあらずと声も立てず時にあらずと声も立てず
氷解け去り葦は角ぐむ
さては時ぞと思うあやにく
今日もきのうも雪の空
今日もきのうも雪の空
春と聞かねば知らでありしを
聞けば急かるる胸の思いを
いかにせよとのこの頃かいかにせよとのこの頃か
(ひとしずくを虹に変えて)
(草の根は確実に根付いていると思います)
(塞翁が馬)
(七転び八起き)

★ 宮崎・黒木 さんから:  
*核、次世代に渡せぬ 原爆投下71年 伊方原発
大分合同新聞 7月31日
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/07/31/002934189

*福島第1原発で移動中に50代の男性作業員倒れ死亡
福島民友 2016年07月31日 08時50分
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160731-096640.php

*再稼働、首長にアンケート 反原発2団体、共同実施へ
佐賀新聞 2016年07月30日 09時44分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/339176

*日銀の追加金融緩和 際限のない政権追従を憂慮する 
愛媛新聞 社説 2016年07月31日(日)
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201607316780.html

*あすへのとびら 「軍学共同」の危うさ 一線画す決意あらためて
信濃毎日新聞 社説  7月31日
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160731/KT160730ETI090007000.php

*高江新着陸帯「オスプレイが主に使用」 四軍調整官が明言
琉球新報 2016年7月31日 05:00 
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-326647.html

*日本防衛の義務 在日米軍にあるのか?【誤解だらけの沖縄基地・37】
沖縄タイムス 2016年7月31日 10:01
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=180975

★ 中西正之 さんから:
  鹿児島県の避難計画の根本からの見直し

 参議院議員選挙は終了しましたが、この時、同時に行われた鹿児島県知事選挙において、川内原発の再稼働を強力に支持した伊藤元鹿児島県知事が落選し、原発再稼働停止政策協定
を締結した三反園鹿児島県新知事が誕生しました。
 伊藤祐一郎元鹿児島県知事は2014年11月7日の記者会見で「避難の必要がない。普通に生活してもいい。もし福島みたいなことが起きても、もう命の問題なんか発生しない」と述
べ、原発事故が起きても大丈夫であると強調。旧知事は原発から5.5キロの放射線量は毎時5マイクロシーベルトということを理由に、原発事故対策をしない考えを表明していまし
た。
IAEA深層防護の第5層について 「福岡核問題研究会5月例会資料」2016年5月22日
http://tinyurl.com/zqxrgpj

 これは、原子力規制委員会が、新規制基準を検討中、避難計画の基準となる原発に過酷事故が発生した時の放射性物質の放散量の基準を、当初の福島事故並から、福島事故の百分
の一に変更する方針をちらつかせ始めた為に起きた見解でした。

 九州電力は、川内原発1、2号機の設置変更許可申請で、新しい安全対策により、原発に過酷事故が発生した時の放射性物質の放散量はセシウム137の放散量を5.6テラベク
レル以内にでき、福島事故の1786分の1でできるとし、適合性審査がそれを認めた為に、伊藤祐一郎元鹿児島県知事のこのような見解が表明されました。

 しかし、これは、九州電力と、原子力規制委員会と伊藤祐一郎元鹿児島県知事の願望で有り、IAEAの安全基準の原発に過酷事故が発生した時の放射性物質の放散量は福島原発
の放散量の2倍で有り、「原子力災害対策指針」の策定は、原子力規制委員会の「原子力災害事前対策等に関する検討チーム」で行われており、「原子力災害対策指針」の策定は、
福島原発の放散量と同量で有り、「原子力災害対策特別措置法」も同量で有ります。

 住民の安全よりも、九州電力の利益を優先し、原発運転の補助金の取得を優先する、伊藤元鹿児島県知事が落選し、住民の安全と利益を優先する三反園鹿児島県新知事が誕生した
ので、鹿児島県の避難計画は根本から見直しが必要に思われます。

★ 満田(国際環境NGO FoE Japan) さんから:
ご存知のとおり、日本政府は全国から500人以上の機動隊を動員し、必死で反対
を続ける住民・支援者を暴力的に排除して、高江の米軍ヘリパッド(実際はオス
プレイパッド)建設を強行しています。
8月5日以降には、N1裏手にある住民のテントも撤去の危機が迫っています。
反対を続ける住民たちは、全国からの結集を呼びかけています。
可能な方は高江へ、または、国際的なメディアへの取材を呼びかけていただけれ
ば幸いです。
こうした中、私たちは、国内外の声を可視化するため、高江ヘリパッド建設中止
を求める緊急声明を発出しようとしています。多くの団体・個人の共同声明とし
ていきたいと思います。
ぜひぜひ、みなさまも賛同に加わってください。
http://www.foejapan.org/aid/takae/160730.html

緊急声明に個人・団体の賛同を募集しています。
第一次締め切りは2016年8月3日朝9時。賛同はこちらのフォームから。
個人賛同)https://pro.form-mailer.jp/fms/e5d35147104620
団体賛同)https://pro.form-mailer.jp/fms/81013f76104628
英語版>http://www.foejapan.org/en/aid/160730.html
以下、声明の本文です。

緊急共同声明 生物多様性の宝庫、やんばるの森と住民の生活を守るために行動を! 
高江ヘリパッド建設中止を!

「やんばるの森」は、沖縄島北部の国頭山地に広がる亜熱帯の森。ヤンバルクイナ
をはじめ、地球上でこの森や琉球列島にのみ生息し独自に進化した固有種が見られ、
特有の生態系が形成されています。また多くの絶滅危惧種を含む希少種や固有種が
生息しており、世界的な生物多様性保全の上でも重要な地域とされています。
その価値が認められ、現在、世界自然遺産登録に向けけての取り組みが進められて
います(注1)。
  東村高江は人口150人ほどの小さな集落。自然豊かな環境で住民は平和に暮らして
きました。住民たちは、やんばるの森を「神々のすむ森」として畏敬し、守ってき
ました。
しかし、集落を取り囲むように、6か所の米軍オスプレイ用離着陸帯が造成されよう
としています。住民の強い反対にも関わらず、すでに2つは出来てしまい、耐えがた
い騒音をまき散らしてオスプレイが昼も夜も飛び続けています。
  今年7月になって隣接する国頭村安波の4か所を造成するために、政府は日本中か
ら500人もの機動隊を派遣し、座り込みの抗議行動を非暴力で行う住民と支援者を暴
力的に排除しました。この結果、首を絞められた女性、ろっ骨を折られた男性など、
3人が救急搬送されました(注2)。また、沖縄防衛局は市民のテントや全国から
の支援物資を持ち去りました。この行為を含み、日本政府の今回の強行手段は違法
性が高いものであると複数の弁護士が指摘しています(注3)。
  日本の本土のメディアは、ほとんどこの状況を報じません。(→”信じがたいこ
とに”と“政府からの圧力のためか”は削除)
 私たちは、日米両政府に訴えます。このように、人権を踏みにじり、かけがえの
ない自然と人々の暮らしを壊す高江のヘリパッド建設の強行を直ちにやめてくださ
い。
  私たちはまた、日本・世界のメディアに訴えます。この信じられないような沖縄
県東村・国頭村の状況を取材し、真実を報道してください。
 私たちは、日本および世界中の心ある市民に訴えます。生物多様性の宝庫である
やんばるの森を守るため、必死で抵抗を続ける人たちのために、声をあげ、行動を
おこしてください。

注1)ただし、日本政府による、やんばるの世界自然遺産推薦候補地は、比較的開
発が進んだ国頭山地西側だけで、良好な自然が残されている東側の米軍北部訓練場
は除外されている。
注2)複数の住民・支援者の証言および多くの映像資料による。主要な報道は以下
のとおり。
・琉球朝日放送)高江で強制排除始まる 2016年7月22日 放送
http://www.qab.co.jp/news/2016072281990.html
・RBC THE NEWS「東村高江ヘリパッド工事再開」2016年7月22日放送  
https://youtu.be/rxQq3u_DN2Y
・沖縄タイムス「<米軍ヘリパッド>工事強行、3人搬送 警官500人で市民排除」
   2016年7月23日 16:50
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=179701
・琉球新報「国が高江工事を強行 機動隊が市民排除 10時間超 県道封鎖」
   2016年7月23日 05:04
http://ryukyushimpo.jp/movie/entry-321711.html
注2)指摘されている違法行為は、仝道にもかかわらず、県側の許可を取らずに
金網のフェンスを張った、県道にもかかわらず、明確な理由なしに封鎖し、検問
を行ったこと、住民側のテントおよび支援物資を持ち去ったこと、N1に至る道
を営林署への事前協議なしに立木の伐採を行った疑いがあること――などである。

★ 嘉指(Kazashi)信雄 さんから: 
皆さま
<8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ 2016>として、「シンポジウム:
日米の核をめぐる現状と進むべき道」が下記のように開催されます。奮ってご参加ください。

日 時:2016年8月6日(土)15:00〜18:30
場 所:合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ) 6F マルチメディア・スタジオ
(広島市中区袋町6番36号 電話:082‐545−3911)
資料代 700円(学生無料)

<パネリスト>
● 太田昌克(共同通信編集委員・論説委員兼務)
        「核をめぐる世界の状況と参院選後の日米核同盟」
● 小寺隆幸さん(原爆の図丸木美術館理事長、京都橘大教授)
「アメリカでの「原爆の図」巡回展と米国内の核をめぐる世論の動向」
● ピーター・カズニック(アメリカン大学教授)
「米の核政策と日米関係の現段階」(通訳つき)
● 森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会・共同代表)
「核兵器廃絶、原発廃絶、憲法改悪阻止のための課題」
コーディネータ― 嘉指信雄(神戸大学教授)

共 催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト

★ 前田 朗 さんから: 
・東アジアの平和の再創造のために
日本平和学会編『東アジアの平和の再創造』(早稲田大学出版部)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/07/blog-post_31.html

・昨日開催した平和力フォーラム主催の<「7.30 日本診断 沖縄米軍基地と
いう日本問題を考える」乗松聡子/デイビッド・マクニール/前田朗>の映像が
Youtubeにアップされました。
https://www.youtube.com/watch?v=jN0IDoprpeY

★ 色平哲郎 さんから: 
・<元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し、
沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会>玉城愛さんあいさつ(全文)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-301239.html

・8月13日土曜 NHKEテレ1 午後11時00分〜 午前0時00分
「加藤周一 その青春と戦争」
戦後日本を代表する評論家・加藤周一の「青春ノート」が公開された。詩や評論、翻訳
など新発見のノートは8冊。日中戦争から太平洋戦争の時代、若き加藤は社会の中で孤
独を感じ、戦争協力に雪崩をうつ知識人に批判のまなざしを向けていた。立命館大学の
学生たちがノートを読み解き、今の時代を考える。さらに作家の大江健三郎、池澤夏樹
、詩人の山崎剛太郎、憲法学者の樋口陽一ら加藤ゆかりの人々の証言で、その思想の原
点を考える
 
  −−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟●
 8月10日(水)午後3時30分
第一回口頭弁論  福岡地裁301号大法廷
 川内原発を止めよう! 
   生命と故郷を死滅する 再稼働を許さない!!
案内チラシ http://tinyurl.com/hj55dh7

「川内原発設置変更許可処分取消訴訟」
  (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/

下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 43番目に掲載。 
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/

週刊金曜日の原発裁判コーナー ウェブサイトに掲載
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/16-07-29/

  福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
  地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
         連絡先: 080-6420-6211(青柳)

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
      「憲法について語りあおう」
第2回目 報告 http://tinyurl.com/zylelnh

第3回目: 8月25日(木)18:30〜
・発題者: 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマー 「9条をキチンと読みましょう」
    案内チラシ http://tinyurl.com/hag3gxl

場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
   地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
       連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/zkrjbf5

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770−5−71599 

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時〜501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
         原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
第18回期日 9月9日(金)
口頭弁論意見陳述者
吉田千亜氏(ルポライター)さん
http://no-genpatsu.main.jp/

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆     
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
       ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内