[CML 043115] <テント日誌4月24日(日) 経産省前テントひろば1688日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 4月 25日 (月) 15:17:41 JST


(転送します)

テント日誌4月24日(日)
経産省前テントひろば1688日

のどかな座込み と 「川内止めよう」チラシまき

家を出るとき小雨が降っていたが、テントに着いたらほとんどやんだので椅子を出して座り込んだ。
雨に濡れた木々のみどりと国会通りに咲くつつじが美しい。
今日は寒の戻りの特異日とか薄ら寒く冬支度にしてくれば良かったとちょっぴり後悔する。Tさんも厚いタイツをはいてくるべきだったと膝掛けにくるまっていた。

乱さんが昨日明治大学であった「金子兜太さんと平和・憲法を語る集い」の話をしてくれ。俳句の話で盛り上がった。
1200人もの人が集まったとのこと、学者たちが立ち上がったのは力強いです。

午後やっと陽がさしてきて少し暖かくなった。
時々来て下さる福岡の女性、来るたび第1テントと第2テントそれぞれにカンパをして下さって感謝です。
そういえば昨日もカンパをしてくれる人が多かった。
上京したのでと来てくれた秋田の方、車で寄ってくれた方などなど。
テントのことを大事に思ってくれる人がいっぱいいる。
みんな原発に反対なのですね。

帽子にバッジをたくさんつけたおじさんが此処は東京の名所だからオリンピックまで頑張れ!だってその前に原発をなくしていただかないと…

福岡から来た女性は毎日来て下さるM子さんとの会話がはずんでいた。
午後番のKさんも早めに来てくれたのでTさんと私は4時前にテントを後にした。今日ものどかな座り込みでした。(I・K)


夜遅くにテントに到着。
カンパ缶に、いつもより大金が入っていて驚いた。
九州電力本店テントのM子さんからの大口連帯カンパもうれしい。
経産省前テントひろばは、このように沢山の方々からの応援で維持されている。
感謝!

北海道5区の選挙結果が深夜に分かって、がっかり。
野党共闘を維持・推進して参議院議員選挙で頑張ってほしい。

気持ちの良い朝、いつものように経産省本館前でチラシまきをした。
今日は、「若狭の原発を考える会」の新しいちらし「福岡高裁宮崎支部が不当決定」と戦争法廃止ちらしを、「経産相は大嘘つき、原発は安全ではない、安くはない、無くても電気は足りている」
「原子力規制委員会は再稼働推進委員会で全く信用できない」
「中央構造線に火がついた、川内原発を直ちに止めよう、伊方を動かすな、高浜をうごかすな」
など叫びながら。
関心を示す人がいたが、ちらしの受取は今一歩。
さすがに、先週22日の院内ヒアリング集会をビデオ撮影を口実にドタキャンした経産省は、いつもと違ってチラシをもらいに来なかった。
(K.M)

川内原発通信―無責任企業九電で鹿児島県庁の応対にあきれた
■4月18日 九電、鹿児島県庁
頻発する大地震のさなかの4月18日、「3.11実行委」の呼びかけで、原発即時停止と総点検を要求する緊急行動が九電と鹿児島県庁に対し行われた。九電は相も変わらぬ無責任企業の姿丸出しである。責任能力を持たない「担当者」との交渉なのだから暖簾に腕押しとはこのことなのか。 
輪をかけて酷いのは県庁の対応である。再稼働容認の第1の責任者である県知事伊藤祐一郎は県民の安全、県民の不安などどこ吹く風で、コメントの一つも出そうとしない。私たちの前に現れた「担当者」は役人生活2,3年?のホカホカ状態。上役の「お前行って来い」肝試しでもあるかのように申し入れ書を受け取る役を仰せつかって私たちの前に現れた。何を聞かれても途方に暮れるその様に、どうしようもないというわけで、 50名ほどの参加者全員が5階の知事室まで押しかけ、「知事に会わせろ」「そりゃあ無理だ」押し問答のあげく、「原発即時停止しろ!のコールをあげる結果となった。
■4月20日〜22日 川内原発ゲート前
引き続く20日から22日までの3日間、朝7時から午後4時まで、延べ60名余が参加してゲート前座り込み抗議行動を行った。口々に語られる参加者たちのアピールは「地震災害の恐怖、不安に加えて原発事故の不安が重なっている。地震は止められないが原発は人間の手で停められる。 直ちに停めて欲しい」の一点に尽きる。
2日目の21日、前夜からの雨模様が本格化、台風並みの天気となった。テントから持ち出した大型シートを街宣車から歩道に張り渡して応急テントを設置、大阪から駆けつけたクマさんのギターも濡れずに済んだ。
原発直近の地元寄田地区から、こうした行動に初めて参加したというAさんは、「去年の県の避難訓練の時、避難バスに乗ろうとしたら席は空いているのに名簿に登録されてないからダメだと言われた」と話してくれた。熊本地震は住民の心をも確実に揺さぶっているようだ。
予測を許さない展開を見せる熊本地震、追い打ちをかけるかの強風と豪雨。この一連の自然現象は、愚かな人間に対する大自然の(神の?)「警告」ではないかという考えが無神論者も交え真面目に議論される状況にあるのに。(E)

連休直前の週ですがいろいろの集会や行動があります。連休中も
★安保法制(戦争法)については違憲訴訟の提訴が4月26日午後2時に東京地裁にて行われます。
★4月26日(火)6時30分から官邸前にて「川内原発止めろ、チエリノブイリ30周年官邸前行動」があります。
4月29日(金)午後5時から:経産省前抗議行動(毎週金曜日)
6時30分からの官邸前抗議行動もあり 7時からは若者たちの集会
や行動もあります。連休前にひと行動を!

5月3日(祝)は憲法集会 集会13時 有明防災公園(ゆりかもめ有明駅下車2分)




CML メーリングリストの案内