[CML 043036] 【全10回】PARC自由学校<安保法制と「テロ」・紛争・戦争>講座のご案内(転載)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 4月 20日 (水) 04:34:05 JST


紅林進です。


私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)では、
社会人向けのオルタナティブな市民の学校「PARC自由学校」を
運営していますが、その2016年度の講座から、<安保法制と
「テロ」・紛争・戦争>講座(全10回)のご案内を転載させていた
だきます。

なおPARC自由学校の2016年度講座全般については、下記の
サイトをご覧ください。そのサイトからお申込もできます。
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html

※以下拡散・転載歓迎※
◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆   【PARC自由学校連続講座】<全10回>
◆◆         安保法制と「テロ」・紛争・戦争
◆          ―私たちは未来をどう変えていけるか
https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=33 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年9月に安保法制が可決して半年が経ちます。
それと折り重なるもう一つの光景
―フランス・パリをはじめ世界で次々に起こる「テロ」― 
 は、
日本も今後標的になるのではないか、
という恐怖感を私たちに与えてきました。
世界ではISの台頭とそれに対する米国などの攻防や、
ロシアとトルコ、シリア間でのパワーゲームによって、
「戦争」と「テロ」の区別もつかない混沌とした情勢が続いています。
このクラスでは、こうした世界情勢下で
日本の安保法制が持つ意味を改めて考え、
私たちに迫る「危機」の本質と実態を読み解いていきます。

南スーダンへの駆けつけ警護など2016年に計画されている
最新情勢もとらえながら、安保法制を廃止していくための
運動課題も議論していきましょう。


◆講座概要
●2016年6月 - 
 11月
●原則として木曜日 19:00-21:00
●全10回/定員30名
●受講料:34,000円
┃
┃※初めて自由学校通年講座を受講される方は
┃ 別途入学金10,000円が必要となります。
┃
◆スケジュール

6/23

ISを作りだしたのは誰か

―テロの温床となる差別、偏見、貧困

塩尻和子 (東京国際大学国際交流研究所長

筑波大学 名誉教授)


6/30

テロと戦争が地続きの世界

─日本にもその危機が?

首藤信彦 (元衆議院議員/国際政治学者 市民政治バンド)


7/14

「積極的平和外交」は人道支援NGOの活動を危険にさらす

谷山博史 
 (日本国際ボランティアセンター(JVC)

代表理事/「NGO非戦ネット」呼びかけ人)


7/21

アフリカ中央部における紛争と国連PKO

なぜ自衛隊は南スーダンに派遣されたのか

米川正子 (立教大学21世紀社会デザイン研究科
 特任准教授)


9/15

自衛官から共産党市議になりました

―私にとっての「自衛官」という仕事

井上圭一 (土浦市議会議員)


9/29

自衛隊を活かし、平和を創る

伊勢崎賢治 (東京外国語大学地域文化研究科
教授)


(日程調整中)

日本は米国の「属国」でいいんですか

※ゲスト調整中



10/27

海外から見たアベ・アンポ・メディア

ピオ・デミリア (日本外国特派員協会
 元副会長

公益社団法人自由報道協会理事)


11/10 (予定)

安保法制をどう廃案に追い込むか

―政治の課題

福山哲郎 (民主党参議院議員)

小池晃 (日本共産党参議院議員)



11/24

私たちが考える自由・民主主義・デモ

元山仁士郎 (SEALDs RYUKYU)

杉田 敦 (法政大学教授)



■受講を申し込みたい方は
ウェブサイトから、または電話・メール・FAXで必要事項をご記入の上、お申込みください。

■申し込み締切:2016年5月10日(火)必着

■WEBサイトからのお申し込み
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html 

■パンフレットの請求
下記のURLにアクセスください。(TEL、FAXでもご請求いただけます。)
http://www.parc-jp.org/freeschool/other/form02.html 

■電話
TEL:03-5209-3455にお問い合わせください。

■メール・FAXでのお申し込み
下記の情報をご記入のうえ、
office at parc-jp.org
FAX:03-5209-3453
までご連絡ください。

 ―記入事項―
  1. お申し込みのクラス名
  2. お名前(ふりがなも)
  3. 性別、生年月日
  4. ご住所
  5. 電話番号、携帯番号、FAX番号
  6.
 Eメールアドレス
  7.  その他連絡先(急な休講時のご連絡のため)
  8. 自由学校への参加は
   1. はじめて 2. 以前受講していた(年度、クラス名)
  9. PARCの会員ですか
   1. はい 2. いいえ


★PARC自由学校ではこんなこともできます! you can
 also・・・

・「越境受講」で他のクラスのいいとこどりができます。
「越境フリーチケット」で一回だけ他のクラスを無料受講できます!
 また、自分の登録していないクラスもその回の受講料を支払えば参加できます。
・欠席しても安心!音声と資料を後からダウンロードできます。
・メーリングリストでお知らせを受け取ったり、交流に利用できます。

--------------------------------------------------
皆様のご参加、こころよりお待ち申し上げております。


以上

<お申し込み・お問い合わせ>
アジア太平洋資料センターPARC自由学校 http://www.parc-jp.org 
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3455  FAX:03-5209-3453   E-mail:office at parc-jp.org


CML メーリングリストの案内