[CML 042982] 4/24(日)社会主義理論学会第27回研究集会(統一テーマ:ロシア革命100年を前に)@慶応大学三田キャンパス

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 4月 16日 (土) 23:51:53 JST


紅林進です。

私も関わっています社会主義理論学会では、4月24日(日)に、
慶応大学三田キャンパスにおいて、第27回研究集会を開催
します。ロシア革命から100年目の来年2017年を前にして、
「ロシア革命100年を前に」という統一テーマの下、森岡真史氏
(立命館大学教授)と
 村岡到氏(『フラタニティ』編集長)が下記
の報告を行います。

社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も参加
できますので、ご関心のあります方はぜひご参加ください。

(以下、転送・転載歓迎)

社会主義理論学会第27回研究集会

統一テーマ:ロシア革命100年を前に 
日時:4月24日(日)午後2時より  
会場:慶応大学三田キャンパス研究室棟A会議室
      JR田町駅下車8分、都営地下鉄浅草線・三田線三田駅下車7分
    地図・キャンパスマップ http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
報告者:  
  
 森岡真史(立命館大学教授)  
   ソヴィエト社会主義の形成過程にお ける模索と選択  
  村岡 到(『フラタニティ』編集長) 
       ソ連邦の崩壊とマルクス主義の責任
司会:佐藤和之(高校教師)  
資料代:500円(会員は無料)
主催:社会主義理論学会
    http://sost.que.jp/

参考文献:
森岡真史:「ソ連の歴史的経験と社会変革への示唆」『ロシア・ユーラシアの経済と社会』2012年6月  
村岡
 到:「『ソ連邦=党主指令社会』論の意義」『探理夢到』第8号=2014年11月号  


CML メーリングリストの案内