[CML 042939] 今日の言葉 ――ホセ・ムヒカという稀有の前大統領の私たちへの問い。「日本は、経済も技術も大きな発展をとげた働き者の国だ。結局、皆さんは幸せになれたのですか?

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2016年 4月 14日 (木) 18:28:23 JST


      Blog「みずき」:ムヒカ前ウルグアイ大統領の来日とムヒカ・フィーバーとでもいうべき現象を見ていると私たちの国
      では「清貧」という言葉がまだたしかに生きていることを再確認することができました。「清貧」というものへの人々
      の尊敬の思い。その思いがまだ見失われていないところにこの国の将来への希望を見出すことができます。ムヒ
      カさん、ありがとう。この国のありようにほとんど絶望しかかっていた私の心にもほんのりと小さな灯りがともりまし
      た。人は独りでは生きていけない、のですね。そのことにも改めて気づかされました。

【人は独りでは生きていけない】
60~70年代、ムヒカ氏は平等な社会を夢みて都市ゲリラのメンバーとなり、武装闘争に加わった。投獄4回、脱獄2回。銃
撃戦で6発撃たれて重傷を負ったこともある。軍の独房暮らしも10年。本さえ読ませてもらえない時期もあったが夜、マット
が1枚あるだけで満ち足りることができた。孤独でなにもない中でも、抵抗し続け、生き延びることができたのは。「人はより
良い世界をつくることができる」という希望があったから。そして、孤独を嘗め尽くしたからこそ「人は独りでは生きていけない。
家族や親しい人と過ごす時間こそが、生きるということ。孤独は人生で最大の懲罰」と悟った。ムヒカ氏の「簡素に生きる尊
さ」「国を信じすぎるな」「ファナシチズム(熱狂)は危ない」という教えは、筋金入りだ。ムヒカ氏は、いま日本でおきていること
の中に世界の「これから」を占う手がかりがある、と考えている。そして問いかける。「日本は、経済も技術も大きな発展をと
げた働き者の国だ。結局、皆さんは幸せになれたのですか?」 (色平哲郎フェイスブック 2016年4月14日)


以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1876.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内