[CML 042919] 【本日午後5時~@京阪三条駅前】普天間基地即時閉鎖!辺野古新基地建設を絶対に止めよう!!街宣!+【京都新聞・社説】普天間合意20年  民意の無視は通らない+【琉球新報】1500人「普天間返せ」 返還合意20年、撤去求め県民集会

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2016年 4月 13日 (水) 11:08:48 JST


【本日午後5時~@京阪三条駅前】普天間基地即時閉鎖!辺野古新基地建設を絶対に止めよう!!街宣!
https://www.facebook.com/events/1698082503780724/

辺野古新基地建設を絶対阻止!断念させるため、辺野古新基地建設反対の声を全国から発信していこう!!!

普天間基地を即時閉鎖させよう!

■日時:2016年4月13日(水)午後5時~6時

■場所:京阪三条駅前

■呼びかけ:No Base!沖縄とつながる京都の会

■お問い合わせ:080-3793-6843(川口)


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【京都新聞・社説】普天間合意20年  民意の無視は通らない
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還に日米両政府が合意してから20年になるが、実現のめどはいまだに立っていない。

 その大きな要因は、返還のための代替基地を県内に求め、しかも名護市辺野古への移設が「唯一の選択肢」だとして硬直した姿勢を取り続けてきたことにある。県内移設に反対する沖縄の民意を十分に顧みることなく、対立を深めてきた政府の責任は厳しく問われるべきだ。

 普天間飛行場の返還は、1995年の米兵による少女暴行事件を機に、翌96年4月、当時の橋本龍太郎首相とモンデール駐日米大使が合意した。当初は代替施設を前提に5~7年以内の返還予定だったが、辺野古移設に対する地元の反発は根強く、2013年には「22年度またはその後」と再設定した。だが、それも遅れるのは必至の情勢で、運用停止も見通せない。

 この間、周辺住民は騒音と危険にさらされ、04年には沖縄国際大に米軍ヘリが墜落した。米兵による事件や事故も絶えず、今年3月にも女性観光客に対する準強姦(ごうかん)事件が起きている。

 「世界一危険な基地」とされる飛行場の返還は、沖縄に集中させてきた基地の負担軽減と危険性除去が目的だったはずだ。にもかかわらず、代替基地をまたも沖縄に求め、新たな負担を強いようとしてきた理不尽な構造こそが、問題の解決を難しくさせてきたといってよい。安全保障政策をめぐる沖縄への構造的差別から脱却しない限り、普天間返還の展望を開くのは難しい。

 歴代政権の多くは米国との関係を優先し、県外や国外への移設を求める沖縄の民意に正面から向き合ってこなかった。代替施設の受け入れ先を沖縄以外で真剣に探してきたとは言い難く、「最低でも県外」とした民主党政権も、米国や日本国内を説得する力を欠いたために迷走、結局、辺野古を容認した。

 安全保障の負担をどう分かちあうかは、国民全体で考えなければならない問題だ。先月、辺野古移設をめぐる代執行訴訟で政府と県の和解が成立した際に、裁判所は「オールジャパンで最善の解決策を示し、米国の協力を求めるべき」と勧告した。政府は、この指摘をもっと重く受け止めるべきだろう。

 「辺野古ありき」のごり押しはもう通らない。20年の節目に、辺野古移設を白紙に戻し、米国を交えて普天間返還の協議を尽くすよう、あらためて求めたい。

[京都新聞 2016年04月13日掲載]

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【琉球新報】1500人「普天間返せ」 返還合意20年、撤去求め県民集会
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-255663.html

2016年4月13日 05:04

手をつなぎ「新基地建設反対」と訴える市民ら=12日午後7時すぎ、那覇市の県民広場(花城太撮影)

 1996年の米軍普天間飛行場の返還合意から20年の節目を迎えたことを受け、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議は12日午後、那覇市の県民広場で普天間飛行場の閉鎖・撤去と辺野古新基地建設断念を求める県民集会を開いた。約1500人(主催者発表)が集まり、普天間飛行場の閉鎖・撤去などを求めて気勢を上げた。

 普天間飛行場の移設先とされる名護市の稲嶺進市長や県弁護団、学生らが登壇し、普天間飛行場閉鎖と辺野古新基地建設断念に向けた思いを述べた。

 オール沖縄会議の高里鈴代共同代表は「普天間飛行場の危険性の継続と建設の遅れの責任が沖縄にあるかのような政府の態度を、声を上げ続けて無くしていこう。無条件に返還が実現されるべく頑張っていこう」とあいさつした。

 集会では(1)普天間飛行場の5年以内の運用停止、早期の閉鎖・撤去(2)オスプレイの配備撤回(3)辺野古新基地建設の断念-を求める決議が採択された。オール沖縄会議は今後、沖縄防衛局や外務省沖縄事務所などを訪ねて決議を手交し、その実現を求める予定だ。集会後、参加者は国際通りをデモ行進し「普天間飛行場を返せ」「辺野古新基地建設反対」などとシュプレヒコールを上げた。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

沖縄知事
沖縄の歴史・自然守る…「米軍基地は勘弁」

毎日新聞2016年4月6日 08時01分(最終更新 4月6日 08時01分)
http://mainichi.jp/articles/20160406/k00/00m/010/156000c
 
インタビューに答える翁長雄志沖縄県知事=那覇市で2016年4月5日、津村豊和撮影
 
 日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還に合意してから12日で20年となる。毎日新聞のインタビューに5日に応じた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は「日米安保体制は大変重要だと思っているが、将来の子や孫に沖縄の歴史や自然、文化を守っていくことが沖縄の保守政治家の役割だ」と述べ、普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設に反対する考えを示した。主な発言は以下の通り。【川上珠実、佐藤敬一】

 −−合意から20年たっても普天間返還が実現していないことをどう受け止めているか。

 ◆遅々として進んでいないのは大変残念だ。日本全体の0.6%の面積の沖縄に全国の73.8%の米軍専用施設が戦後ずっと置かれているのに、沖縄県民の苦渋の思いを上から目線で見て、沖縄県内で物事を解決しようとしているのが前に進まない大きな原因だ。普天間飛行場をはじめ、県民自ら差し出した基地はない。辺野古に(新基地が)できれば、さらに100年、200年使えるとなり、県民にすれば絶対に許されない。

 −−本土には沖縄への誤解もある。

 ◆沖縄は基地で食べているんだという誤解が、本土の方々や政府への免罪符になっている可能性がある。終戦直後は県民総所得の50%は基地収入が占めていたが、1972年の本土復帰時には15%、今は5%だ。経済を発展させ、県民の人権を守っていくという意味からすると、「米軍基地はもう勘弁してください」というのが大変正直な気持ちだ。

 −−和解協議決裂後、新たな訴訟で敗訴した場合、どう対応するのか。

 ◆(政府から)埋め立ての変更申請があれば、当然、法令に従って対応していく。埋め立て承認以降の事由で私どもが了解できないことがあれば、撤回も視野に入れる。

 −−普天間返還をどう実現していくか。

 ◆(政府に)抵抗したり、対立しているつもりはまったくない。沖縄の置かれている環境から日本国民の一人として正当な要求をしている。沖縄が主張することで、多くの国民の皆さんに日本の地方自治や民主主義の在り方を感じ取ってもらいたい。日本の安全保障も国民全体で考えてもらいたい。沖縄の基地問題が解決しない時、日米の民主主義は世界から認知されないだろう。日米安保体制がますます砂上の楼閣となっていく。



 		 	   		  


CML メーリングリストの案内