[CML 042809] 鄭栄桓さんに聞く「記憶のための和解、忘却のための和解」5.7水道橋

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2016年 4月 6日 (水) 11:14:37 JST


前田 朗です。

4月6日

転送歓迎

平和力フォーラム・インタヴュー講座

記憶のための和解、忘却のための和解

鄭栄桓さんに聞く

グローバル・ファシズムの現在を読み解くために<日本>に迫る連続インタ 
ヴュー講座第5回は、鄭栄桓さんに 『帝国の慰安婦』や「日韓合意」で揺れ動 
いている「慰安婦」=性奴隷問題について伺います。

信じがたい誤謬の集積、いたるところ誤引用、恣意的引用、恣意的解釈によって 
事実に反する議論を展開したトン デモ本『帝国の慰安婦』。間違いだらけの 
『帝国の慰安婦』をひたすら持ち上げる異様な日本「リベラル派」。――学問を冒 
涜し、「慰安婦」 被害女性を名誉毀損する<朴裕河現象>はなぜ、どのように 
つくられたのか。

5月7日(土)開場午後1時半、開会午後2時~5時

たんぽぽ舎

http://tanpoposya.net/main/index.php?id=336

東京都千代田区三崎町2-6-2ダ イナミックビル4F

03-3238-9035

JR水道橋から徒歩5分

参加費(資料代):500円

鄭栄桓さん:明治学院大学准教授。歴史学、朝鮮近現代史、在日朝鮮人史。著書 
に『忘却のための「和解」 『帝 国の慰安婦』と日本の責任』(世織書房)、 
『朝鮮独立への隘路 在日朝鮮人の解放5年史』(法政大学出版局)

インタヴュアー:前田朗

平和力フォーラム

東京都八王子市宇津貫町1556 東京造形大学・前田研究室

042-637-8872、  E-mail:maeda at zokei.ac.jp



CML メーリングリストの案内