[CML 042793] 【要申込】4/18(月) PARCニューエコノミクス研究会第7回「イタリア市民的経済論の挑戦」

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 4月 5日 (火) 03:44:21 JST


紅林進です。

私も会員になっていますPARC(アジア太平洋資料センター)では、
オルタナティブな経済のあり方を追求する「ニューエコノミクス研究会」
を立ち上げ、定期的に研究会を開催していますが、第7回を下記内容で、
4月18日(月)に東京・淡路町のPARC自由学校の2階教室で開催します。

どなたでもご参加いただける研究会ですが、事前に申し込みが必要です
ので、ご参加をご希望されます方は、下記サイトからお申し込みください。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html


(以下、転送・転載迎)
=============
PARCニューエコノミクス研究会第7回

イタリア市民的経済論の挑戦
─La sfida dell’economia civile
 italiana─
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/160418.html

日時:2016年4月18日(月)、19時~21時
場所:アジア太平洋資料センター(PARC自由学校)2F
報告:中野佳裕(明治学院大学国際平和研究所研究員、PARC自由学校講師)

概要:
本報告では、近年イタリアで再評価がはじまっている市民的経済論
(economia
 civile)を紹介します。18世紀初頭のイタリアでは、
コミュニティに暮らす人々の「万人の幸せ」を目指す
独自の経済思想が発展しました。
市民的経済と呼ばれるこの経済思想は、
英米を中心とする自由主義経済思想や数理経済学の普及とともに
学問研究の場で周辺化されましたが、
協同組合運動や連帯経済などのオルタナティブな経済活動の
実践理論として引き継がれてきました。
2000年代に入り、イタリアの経済思想研究において
市民的経済論を再評価する動きが起こっています。
本報告では、市民的経済論において「豊かさ」「市場経済」などの
鍵概念がどのように捉えられているのかを検討し、
現代イタリアにおける実践例も紹介します。

■日 時:2016年4月18日(月
 )19:00~21:00
■会 場:PARC自由学校 2F教室
アクセス・地図 http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
 都営新宿線「小川町」 丸ノ内線「淡路町」 千代田線「新御茶ノ水」下車
地下鉄A5出口から徒歩2分
※いずれの駅も地下でつながっています。
JR「お茶の水」聖橋口から徒歩6分
■参加費
 一般:500円
 PARC会員・2015年度自由学校受講生:無料
 ※どなたでもご参加いただける研究会です。
 ※当日入会・受講の申し込みを行うこともできます。 

■報告
中野佳裕(明治学院大学国際平和研究所研究員、PARC自由学校講師)

◆お申し込み 下記のフォームにて送信いただくか、
 メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html


CML メーリングリストの案内