[CML 039910] 「安重根『東洋平和論』と日韓歴史認識の国境越え」シンポジウムのご案内

nakata mitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2015年 9月 29日 (火) 08:17:53 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。
下記の催しが開かれます。複数のメーリングリストの投稿しています。重複され 
る方申し訳ありません。
------------------------------------------------------------
日 時 2015年11月7日(土)10:00~18:00
会 場 龍谷大学響都ホール校友会館(京都駅八条口前アバンティ9F)
テーマ 「安重根『東洋平和論』と日韓歴史認識の国境越え」
主 催 龍谷大学社会学研究所付属安重根東洋平和研究センター
     安重根義士紀念館(韓国・ソウル)
協 力 「韓国併合」100年市民ネットワーク
資料代 一般1,000円 学生無料

※ 同時に龍谷大学図書館主催で、「龍谷大学図書館」寄託資料である安重根の 
遺墨(レプリカ)および資料展示を行います。

<プログラム>
(受付開始 9:30~)
第吃堯
10:00~挨拶・事業報告・活動報告 
10:40~
報告1 「東アジア歴史認識問題の焦点としての安重根-ハルビン安重根義士記 
念館をめぐる日本政治の対応を手がかりに―」
報告者 勝村誠・立命館大学政策科学部教授;
討論者 吳瑛燮・延世大学敎授

報告2 「東北亞政勢と東洋平和論」
報告者 柳永烈・元崇実大学敎授・國史編纂委員長
討論者 牧野英二・法政大学教授

13:30~
記念講演 「越境する戦争の記憶」
       テッサ・モリス=スズキ氏(オーストラリア国立大学教授) 

15:00~
報告3 「安重根の思想史的地平」
報告者 小川原宏幸・同志社大学グローバル地域文化学部准教授;
討論者 崔惠珠・漢陽大学敎授

報告4 「安重根遺骸發掘の現況と課題」
報告者 金月培・中國大連外國語大学敎授;
討論者 細川孝・龍谷大学

第Ⅱ部 17:00~18:00文化交流
公 演   Duoaim(Giuseppe & Kumico KIM) によるPoem Songs (Opera)


チラシのダウンロードはここから

http://www.e-aid.info/Ryukoku/151107PosterBothSides.pdf



CML メーリングリストの案内