[CML 039854] 「黒人専用」「白人専用」の掲示、美術学生が大学構内に掲げて物議醸す

fred c13a2e9e3ffbbd3 at member.fsf.org
2015年 9月 26日 (土) 10:44:15 JST


岡山文人です。

見出しが内容を語っていない実例と感じたので、みなさんに白状します。

これは前田さんが紹介してくれたハフィントンポストの翻訳見出しですが、翻訳記事を見たところでは次のような「事件」です。

---------
・美大の大学院生が授業の課題に対する作品を掲示した。この大学院生自身が黒人であり、女性とのこと。
・黒人差別が今よりもひどかった時代を感じた人たちが警察にも通報した。
・学生と大学当局はこの差別行為の犯人探しをしていたが、大学院生が黒人学生組合(BSU)の会合で自分がこの掲示を掲げたことを表明した。
・大学院生は声明文で、その『掲示と作った背景について、白人ではない苦しみと白人特権を多くの人に知ってもらうためだと説明した。「掲示がもたらした極度のトラウマや恐怖によって傷ついた人々に謝罪します」と彼女は書いた。だが、「あなたが傷ついたのなら謝罪します。しかし、私の行動そのものについては謝罪しません」。』
---------

見出しから私が受けた印象はだいぶ違ったものでしたが、それは(日本語の)見出しが稚拙であり、私の読解力がさらに幼稚だったためなのでしょう。特に見出しのうち「...の掲示、」と「物議醸す」は私の誤解を強めたことを指摘しておきます。稚拙な見出とはいえ少なくとも1人に本文を読ませたのですから、その意味では見出しとして役立っています。内容を凝縮するという意味ではまったく役目を果たしていません。

原文や他の情報源を当たっていませんので、事件自体へのコメントは控えます。

-- 
岡山


CML メーリングリストの案内