[CML 039834] 明後日9/26(土)「中国の経済成長と世界へのインパクト」(講師:丸川知雄)(世界資本主義フォーラム・9月例会)@立正大学品川(大崎)キャンパス

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 9月 24日 (木) 09:23:24 JST


紅林進です。

明後日9月26日(土)に立正大学品川(大崎)キャンパスで開催されます
世界資本主義フォーラム・9月例会のご案内を転載させていただきます。

今回のテーマは「中国の経済成長と世界へのインパクト」で、講師は
丸川知雄氏(東京大学社会科学研究所教授)です。

なお「世界資本主義フォーラム」は、「世界資本主義論」を提唱した、
マルクス経済学者の故・岩田弘氏を囲んで続けられてきた研究会
http://www5e.biglobe.ne.jp/~WKAPITAL/ が、岩田弘氏の死去後
も続けられているものですが、このフォーラムには単発で、どなたでも
参加することができます。
 
(以下、転送・転載歓迎)
---------------------------------
世界資本主義フォーラム・9月例会          
「中国の経済成長と世界へのインパクト」(講師:丸川知雄氏)

●日時 2015年9月26日(土) 14時-17時
●テーマ 中国の経済成長と世界へのインパクト●講師 丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授)
●会場 立正大学品川(大崎)キャンパス
      9号館3階931教室
交通アクセス・地図 http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/
キャンパスマップ http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/introduction/shinagawa_campus.html
●資料代 500円
※どなたでも参加できます。
 
 上海の株価暴落が世界の株式市場を動揺させています。
2008年のリーマンショックで先進国が軒並み不況に陥るなか、
世界経済の牽引車に浮上した中国は、2010年には日本を
抜いて世界第2の経済大国となり、今ではその経済の動向
を世界中が気にする時代になりました。
 この報告では、今後の短期および中期の中国経済の行方
を展望します。ニュースなどで報じられる中国の様々な問題
だけでなく、経済を成長へと突き動かす原動力についても話
します。また、中国経済の成長や動揺のインパクトを日本や
アメリカ以上に強く受けているのは実は東南アジア、ラテン
アメリカ、アフリカの国々です。報告ではこうした国々にとって
の中国とはどのようなものであるのかを解説します。(丸川知雄)

--------------------------------


CML メーリングリストの案内