[CML 039572] 9/21(月・祝)パワーシフト・シンポジウム「どうなるの? 電力小売全面自由化~自然エネルギー電力会社の直面する現状と課題」  

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 9月 8日 (火) 15:03:12 JST


紅林進です。


来年2016年4月から電力小売全面自由化が実施され、一般家庭でも電力会社
を自由に選べることになりますが、政府は原発を「ベースロード電源」と位置づけ、
原発を再稼動させるなど、原発回帰政策を採る一方、再生可能エネルギー(自然
エネルギー)の普及・拡大にはブレーキをかけようとしているとしか思えない、様々な
制約を設けようとしています。

電力小売全面自由化を契機に、電力消費者として、原発依存の既存電力会社
から、自然エネルギーを中心とした電力会社に乗り換えてゆこうというパワーシフト・
キャンペーンでは、9月21日(月・祝)に、パワーシフト・シンポジウム「どうなるの? 
電力小売全面自由化~自然エネルギー電力会社の直面する現状と課題」という
シンポジウムを開催します。

ところで現在、政府が行おうとしている、固定価格買取制度(FIT)に関する変更は、
自然エネルギーを扱う新規参入者に大きな打撃を与えます。

下記のオンライン署名にもご協力ください。(9月9日締め切り、9月10日に、
資源エネルギー庁提出予定。
 
--こちらも引き続き!10日に資源エネルギー庁提出、9日締め切りです---
自然エネルギーの電気が買えなくなる?!
オンライン署名 https://goo.gl/8zHl7O (Change.org)
固定価格買取制度に関する変更は、自然エネルギーを扱う新規参入者に大きな打撃です。
 
(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
----------------------------------
【9/21 パワーシフト・シンポジウム】
どうなるの?電力小売全面自由化~自然エネルギー電力会社の直面する現状と課題
http://power-shift.org/info/150921_symposium/
―――――――――――――――――――――――――――――
2016年4月からの電力小売全面自由化まであと半年。
一般家庭や小規模の事務所やお店なども、電力会社を選べるようになります。
自然エネルギーを中心とした新しい電力会社も、事業化に向けて鋭意準備中です。
ただ、資本力や宣伝力などの点でやはり、既存の電力会社などに比べて圧倒的に厳しい状況です。
私たちは、自然エネルギーの電気を使えるようになるのでしょうか?
シンポジウムでは、自然エネルギー供給を目指す電力会社の現状や課題、具体的にどう変わるのかなど共有し、
市民・消費者としてどう支援・意思表示していくかを議論します。
 
◆日時: 9月21日(月・祝) 14:00~16:30
◆場所: 豊島区勤労福祉会館・大会議室(池袋) 
       アクセス・地図 http://www.city.toshima.lg.jp/121/shisetsu/community/005.html
◆プログラム:
1.小売り全面自由化と再生可能エネルギー~消費者の選択権はどうなるか?~
  高橋洋さん(都留文科大学社会学科教授)
2.再エネ供給をめざす電力会社より現状とビジョン
  エヌパワー、エナジーグリーン、うなかみの大地、生活クラブエナジー(予定)
3.ディスカッション
  市民・消費者としてできること
  パワーシフト・キャンペーン紹介
◆資料代: 500円
◆主催: パワーシフト・キャンペーン、eシフト
◆申込: できるだけ、こちらからお申し込みください。 
  https://docs.google.com/forms/d/1rN3s6sEj1q9iSieHF9Pd0kBm03Dke3hoG_KQg3rGr2s/edit     
◆問合せ: 03-6909-5983(パワーシフト・キャンペーン事務局/FoE Japan)
        URL: http://power-shift.org/  
>ちらしはこちら 150921_powershift_flyer 
- - - - - - - - - - - - - - - - -


CML メーリングリストの案内