[CML 039545] 軍事郵便は二度と配達しない

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 9月 6日 (日) 22:51:49 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 9月6日、郵政産業労働者ユニオン九州地方本部大会で特別決議が決議されま
した。
 労働組合として安保法案の廃案と憲法9条擁護を訴えます。郵政労働者として
戦争に反対する理由を書いています。

(ここから)

「歴史を辿れば、郵貯・簡保資金が戦費調達のために利用された経緯があります。

 第二次世界大戦下では「軍事郵便」制度があり、戦地との通信手段が検閲の下、
郵便として届けられました。

 私たち郵政労働者は、憲法21条が定める「検閲はこれをしてはならない。通
信の秘密は、これを侵してはならない」との法の下、再び「軍事郵便」を配達す
ることはしません。
 
 郵貯・簡保資金は1円たりとも戦争に加担する資金として使われることは認め
ません。

 だから私たちは、安倍内閣がすすめる「海外で戦争をする国」づくりを決して
認めることはできないのです」
 
 2015年9月6日
 郵政産業労働者ユニオン九州地方本部
 第4回定期大会
 
(ここまで)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内