[CML 039541] ● 9 ・ 13 ピョンヤン宣言 13 周年集会のご案内

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2015年 9月 6日 (日) 17:13:21 JST


日韓ネット@渡辺です。  BCC及びいくつかのMLに送ります。重複ご容赦。

既報ですがこんどの日曜日に迫ってきましたので再送します。

戦争法案、辺野古基地建設、原発再稼働など緊迫した闘いの局面が続いています。
8月14日には侵略・植民地支配責任をあいまいにした「安倍談話」が出されました。

朝鮮半島では、南北高官協議の合意で当面の緊張状態は緩和の方向に向かいました
が、米韓連合軍による新たな先制攻撃戦略「5015作戦計画」の策定が明らかになる
など、依然として予断を許さない状態が存在しています。これに日本の集団的自衛
権行使容認、戦争法も当然絡んでくると思われます。
 ハンギョレの記事から http://japan.hani.co.kr/arti/politics/21762.html

この中で、アジアとの関係をどうしていくかを考えるうえで欠かせない課題の一つに、
かつて侵略・植民地支配で被害を与えたにもかかわらず過去の清算はおろか未だに国交
すらない日朝の関係があります。下記集会への多くの皆さんの参加・賛同を呼びかけま
す。
 ●チラシは下記から。
  http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/91313-7673.html

*****************************************************
    ピョンヤン宣言13周年
    日朝国交正常化を求める9・13集会
*****************************************************

 講演  拉致問題で歪む日本の民主主義
     ―日朝ストックホルム合意と安倍政権 (仮題)                           
       
       高嶋 伸欣さん(琉球大学名誉教授)

  特別報告 沖縄基地問題と朝鮮半島の平和を考える (仮題)
        朝鮮半島の北から南へ非武装地帯を越えた各国女性たちの行動
       −ウィメン・クロス・DMZ(Women Cross DMZ)に参加して

          高里 鈴代さん
            基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表・元那覇市議
  
  ♪民衆歌謡 ノレの会

     アピール 改憲・戦争法、「慰安婦」問題、高校無償化差別、元在日
        韓国人政治犯の再審無罪、朝鮮半島情勢・南北関係などから

日時 9月13日(日) 午後2時開会(1時30分開場) [資料代800円]
場所 アカデミー茗台  地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」下車・徒歩10分
     https://www.yu-cho-f.jp/seminar/a_meidai_map.pdf
-----------------------------------------------------------------------
呼びかけ 2015 9・13集会実行委員会
 連絡先 日韓民衆連帯全国ネットワーク(03-5684-0194)    
     ピースボート(03-3363-7561)
     「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
           (03-3818-5903)
        許すな!憲法改悪・市民連絡会(03-3221-4668)
     反安保実行委員会(03-3254-5460)
     在日韓国民主統一連合(03-3862-6881)  
(郵便送付先 東京都文京区小石川1-1-10-105 日韓ネット気付)
-----------------------------------------------------------------------
【9・13集会の呼びかけ】

●日本の敗戦70年−朝鮮半島の解放・分断70年、日韓条約50年が問いかけるもの

 今年は日本の敗戦から70年、朝鮮半島の人々にとっては日本からの解放と同時にもた
らされた南北分断から70年の年でもあります。
 この節目の年に、安倍政権は憲法違反の戦争法案をごり押しし、8月14には侵略と植
民地支配への加害責任をあいまいにした戦後70年首相談話を出しました。
  私たちは安倍政権のこの一連の動きに強く反対します。いま日本は重大な岐路に立た
されているのです。

  歴史に真摯に向き合い、侵略・植民地支配の反省の上に諸国民とりわけアジアの人々
との対話と交流による友好関係を築くことこそ、未来に向かって日本が歩むべき道です
安倍政権が「村山談話」「河野談話」を継承するというなら、日本軍の「慰安婦」とさ
れた人々、強制動員によって過酷な労働を強いられた人々などへ誠意ある謝罪・賠償を
行うのは当然です。

  今年は、米国の指図のもと1965年に日本政府が韓国政府と国交を開き日韓条約を締結
してから50年の年でもあります。しかし、それは日本の朝鮮侵略・植民地支配を正当化
したまま(日韓基本関係条約第2条)、韓国政府を朝鮮半島における「唯一の合法政府」
と規定し(同3条)結ばれたものです。その時同時に結ばれた「財産・請求権協定」を盾
に、被害者の賠償要求を門前払いしてきました。

  このような65年日韓条約・諸協定の体制は見直されるべきものです。そして、朝鮮民
主主義人民共和国(朝鮮)との間にいまだに国交すらない異常な状態を放置せず、速やか
に国交正常化に向かうべきです。このことは、いわば表裏一体の関係にあります。
  日本政府は、朝鮮半島の人々の意に反してもたらされた南北分断・対決状態を利用し
過去の清算も放置し続けてきたのです。このような歪んだ関係は速やかに是正すべきで
す。

●ピョンヤン宣言(2002年)、日朝ストックホルム合意(2014年)の誠実な履行を!

 小泉首相(当時)の訪朝・初の日朝首脳会談で発表されたピョンヤン宣言は、「過去の
植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚
に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ち」を表明し、国交正常化に向かうこ
とを確認しました。これが原点です。

  昨年5月の日朝ストックホルム合意では、「双方は、日朝平壌宣言にのっとって、不
幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、国交正常化を実現するために、真摯に協議を行
った」とし、日本政府がとる7項目の行動措置の第一として、「北朝鮮側と共に、日朝
平壌宣言にのっとって、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、国交正常化を実現す
る意思を改めて明らかにし、日朝間の信頼を醸成し関係改善を目指すため,誠実に臨む
こととした」としています。また「在日朝鮮人の地位に関する問題については、日朝平
壌宣言にのっとって、誠実に協議する」ことも明らかにしています。

  日本のマスメディアの報道を見ていると、この合意が拉致問題のためだけにあるよう
に報じられていますが、それは正しくありません。むしろ、日本政府がこれまで取り続
けていた制裁一辺倒政策の破たんを示すものであり、対話によってこそ日朝関係の改善
も拉致問題の解決も見えてくることを示しています。

  日朝国交正常化を実現していくことは、60年以上に及ぶ朝鮮半島の停戦状態を平和協
定に変え、「戦争法案」の口実の一つとされている朝鮮半島の軍事緊張の解消にも寄与
するものです。
  このような立場から9・13集会を開催します。ぜひ多くの皆様の参加・賛同をお願い
します。

【集会賛同のお願い】
 ●賛同費 個人1000円/団体3000円
 ●郵便振替 00110-8-140618 [日韓民衆連帯全国ネットワーク] 
         *「9・13集会賛同」と明記してください
 氏名(団体名)                                      
 肩書き
 連絡先                                           
 電話           
  氏名(団体名)公表 【 可 ・ 否 】


**********************************************
 日韓民衆連帯全国ネットワーク
  東京都文京区小石川1-1-10-105
  TEL/FAX 03-5684-0194
   ブログ http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
 **********************************************


CML メーリングリストの案内