[CML 039534] 9・8戦争反対・改憲阻止労働者集会・デモ

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2015年 9月 5日 (土) 23:47:27 JST


反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。
 
私の属する関西単一労組も多くの労働者・労働組合などとともに戦争と戦争法案に反対して闘っています。9月8日には職場放棄で闘い、下記の集会を行います。集会にはこぞって参加してください。日が迫っておりますが、よろしくお願いします。
 
 
■9・8戦争反対・改憲阻止労働者集会・デモ
戦争法案粉砕、改憲阻止!を 職場・学園・地域から
  ストライキ、年休闘争(有給休暇行使)など職場放棄で闘おう!
◆日 時:9月8日(火)午後1時30分~3時30分 
                集会後、デモ
◆場 所:エルおおさか 701号室(地下鉄谷町線「天満」下車7分
◆参加費:500円
≪呼びかけ≫
労働者共闘、関西単一労働組合、増田俊道、菅平和、大椿裕子、渡邊太、寺田道男、山河進(天皇制を考える会静岡)、反戦反天皇制労働者ネットワーク
 
労働者、市民、学生のみなさん
 
 安倍政権は今国会で、戦争法案を何が何でも成立させようと、国家権力をふりかざし戦争国家へと突き進んでいます。そして、早ければ来年にも「改憲国民投票」を実施して、戦争放棄を規定した現憲法9条の改悪をもくろんでいます。自民党改憲草案が示しているように、日本を「天皇を戴く国」(元首天皇制)とし、自衛隊を外征軍とし、戒厳令を憲法に書き込み、家族主義を強化する国家・社会の再編をねらうものです。安倍政権の戦争法案強行と現憲法の改悪は、労働者・人民の主権を侵害し、社会保障の解体や労働法制全面改悪など民主的諸権利を破壊し、他方、中国・朝鮮民主主義人民共和国に対する敵視と排外主義をあおる攻撃です。新自由主義グローバリズムによる超大国の独占資本は世界の労働者
の搾取と生活破壊、貧困の拡大をよりいっそう強めるものです。「愛国主義」や「国益」で日本とアジアの労働者・民衆連帯をはばむ戦争国家化に対し、今こそ、安倍政権の専断政治を許さない労働者・人民のストライキを頂点とする大衆的実力闘争が必要ではないでしょうか。
すでに関西単一労働組合・全関東単一労働組合がストライキを頂点とした年休・職場闘争を確認し、出版労連・日本医療連・全国印刷出版産業労組総連合会がスト権を確立しています。労働者のスト・年休闘争など職場放棄で戦争法案を粉砕し憲法改悪を阻止しようではありませんか。
参院で審議中の戦争法案は参院で決議されなくても、衆院に返して再可決すれば法案が成立する「60日ルール」の9月14日が近づいています。私たちは「60日ルール」の前の9月8日に、全国統一闘争として戦争法案粉砕のさまざまな直接行動に立ち上がり、労働者集会、デモを闘いぬきたいと思います。同日、関東では労働運動活動者評議会呼びかけの実行委員会が、9月9日にはアイヌモシリで、改憲阻止!労働者・市民行動が全国統一行動をとりくみます。
この闘いは日本労働者・人民の民族差別・排外主義克服をかけた闘いであり、沖縄・アイヌモシリ・アジア・世界の労働者人民との国際連帯をかちとる闘いとして共に闘いたいと思います。
多くの仲間の皆さんの参加、賛同を呼びかけます。      2015年8月28日
 
≪賛同者≫(9月5日現在/敬称略) 
平松典子、鈴木雄一、船木暢夫、内田富美子、北部九州反弾圧争議団労組交流会、福岡地区合同労組代表執行委員筒井修、在里政枝、今川治(郵政労働者)、大椿裕子、北九州自立連帯労働組合、立川自衛隊監視テント村、
たがわ生協労働組合、福岡グリーンコープ自立労働組合、佐藤訓子(グループZAZA)、清水早子(ピースアクション宮古島)、金羽木あつし(釜ヶ崎パトロールの会)、山田肇、菅平和、山河進(天皇制を考える会静岡)、全国金属機械労働組合港合同南労会支部、おんな労働組合(関西)、山口広、田中直子、内藤進夫、渡邊太、寺田道男、阪神合同労働組合委員長大江和夫、『労働者通信』編集委員会、労働者女性解放集会実行委員会、参戦と天皇制に反対する連続行動、


CML メーリングリストの案内