[CML 040372] 忖度(そんたく)は中立に反する行為です。 日野市役所の封筒に印刷してあった「日本国憲法の理念を守ろう」の箇所が墨塗り

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 10月 30日 (金) 07:30:39 JST


みなさん、色平さん

お世話様

既にご承知の通り

 中立とは「いずれにも偏らず立つこと・当事者のどちらにも味方せず、また敵対しないこと」 です。

国民、市民から意見を求めるとき、その市民の人種・信条・性別・

社会的身分等によって差別してはならない。

という公務員の行動基準です

「中立」という名目での政治的介入は、言論弾圧のひとつで、

特定のイデオロギーを押しつけることとなりそれこそ「中立」に反しています。

日野市市長の行為はアベ政権の奴隷となって忖度(そんたく)したもので、

『中立』に反する行為です。

  (さいたま市 石垣敏夫)



以下転載



日野市役所の封筒に印刷してあった「日本国憲法の理念を守ろう」の箇所が墨塗り 

屋代 聡 @yashirosatoru 3時間3時間前
民主主義が凄まじい勢いで溶解してゆく。
日野市役所の封筒に印刷してあった「日本国憲法の理念を守ろう」の箇所が墨塗りされ
るということは、日野市の担当者(市長)が、「日本国憲法の理念を守ろう」という言
葉について、次のいずれかの判断を下したのであろう。
〃法理念の順守という発想は政治的であり、中立的表現ではない。
憲法理念など守る必要はない。
おそらく日野市長は「憲法理念を守ろうという表現は、憲法改正という選択肢を見えに
くくしており、政治的に中立ではない」などと言い訳するだろうが、今、普通に使われ
ている「日本国憲法の理念を守ろう」と記された封筒を墨塗りする行為によって、まさ
に日野市の偏向ぶりが露わになっているのである。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=870916219658654&set=a.108537832563167.




CML メーリングリストの案内