[CML 040354] 「永遠のアナキズム」なり大杉伝 栗原康の夜光社本  

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 10月 29日 (木) 09:00:10 JST


「大杉栄伝 永遠のアナキズム」
<http://www1.e-hon.ne.jp/content/toshoshimbun_2013_syohyou_3146_1-1.html>
栗原康 夜光社 <http://yakosha-tokyo.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html>

おもしろい、おもしろすぎる仲間たち。

著者の文体も独特。わくわくしてるのが、びんびんくる。

年収10万円のひきこもり。大杉の文章を朗読したりしてたゆえ? あはは。

----------------- 目次 緑字は千恵子メモ ---------------------

はじめに

*第一章 蜂起の思想*

1918年、一千万人暴動 / デマを流せ! / 蜂起のイメージ / 民衆芸術としてのストライキ 消費者は商品というスペクタクルのとりこになっている 39

*第二章 アナキズム小児病*

子どもという病 犬猫殺し 46  陸軍幼年学校での男色 50 脳神経衰弱 53 / 花の都大東京 / 監獄大学への入学 / 必然のコミュニズム クロポトキン
75 / 黒い子どもはよく踊る

*第三章 ストライキの哲学*

人間爆弾に点火せよ / 獄中のアナキズム / 猿のストライキ 美は乱調にあり 112 猿の遊び 115 / サンディカリズムの思想 / 四苦八苦
後藤新平 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/7f7fec7d094adf75f623bd70ce030ee9>から300円
その金で葉山の日蔭茶屋いったんだ めちゃくくちゃになる 134

*第四章 絶対遊戯の心*

大杉栄とその仲間たち / 民衆芸術論の背景 / アメリカニズムとしての民衆娯楽 / 正義を求める心 / 大杉一 派、よもやま話

*第五章 気分の労働運動*

演説会もらい ゆかい、ゆかい 186 / ストライキの狼煙 / テーラー主義はいやなんだ! / 気分、だいじ! /大杉栄、中国にいく /
ロシア革命とはなにか マフノ運動 216 / アナ・ボル論争

*第六章 アナキストの本気*

大杉栄、フランスにいく / アナ・アナ論争 / 大杉栄、神になる / 身を益なきものにおもいなす

おわりに


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内