[CML 040338] アベは死の商人です: 休戦は提唱されているのでしょうか: 難民たちが故国に戻れる日は来るのだろうか?(アサド‐プーチン会談:RT報道の和訳付き)

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 10月 28日 (水) 10:07:20 JST


松元さん
お世話様
コメントありがとうございます。
大量破壊兵器を口実に行った、米国のイラク攻撃は
国家犯罪、戦争犯罪として裁かれるべきでしょう。
しかし、それは別として国連総会で休戦決議をあげられないのでしょうか、
休戦が実現できなければ、避難民は戻れません。
逃避行は続くのみとなります、
「積極的平和」とは休戦を提唱することですが、
アベの阿呆は武器輸出で金儲けを
考えているのですから、極悪死の商人です。
  (石垣敏夫)

Re: 休戦は提唱されているのでしょうか: 難民たちが故国に戻れる日は来るのだろうか?(アサド‐プーチン会談:RT報道の和訳付き) 

CMLに載らなかったので再送します

石垣さま
いつもごくろうさまです。
ほんとうに世界の混沌は深まるばかりですね。
国家間の戦争ではない「休戦」をだれがどうリードするのか。「国家」ではない 
テロリスト集団を「人道援助」「人道的介入」の名の下で育て操り 国家転覆に 
利用してきた「もの」が世界最強国の同盟集団であってみれば、そして下僕のよ 
うな国連でしかない(ガザの事態をなんともできない) のであれ ば、また国家 
を意のままに攪乱転覆し民族をジェノサイドしても、それらのものを(米、イス 
ラエルを)処罰することのできない国際法の骨抜き段 階であってみれば、「難 
民を産む根源」にどう対処するか、処方箋は簡単でないと思います。専門家に 
もっと整理してほしいものですが…。
いずれにしても、アフガニスタン、リビア、イラク、シリアの難民は、米 
-NATOの軍事力・軍産複合体と欧米民衆の許容によって「産みだされ た」も 
の です。
その根源はパレスチナ難民です。
松元拝


(26/10/2015 15:38), motoei at jcom.home.ne.jp wrote:
> 松元さん
> いつもお世話様です。
> 難民問題ですが、
> 難民を産む、根源の休戦についてはどうなっているのでしょうか。
> 国連の行動原則は
> •加盟国はいかなる国に対しても武力による威嚇もしくは武力の行使を慎ま な 
> ければならない
> となっています。
> これを米ロは破っているのですから、国連は無力になっているわけですが。
> 今、欧州の市民運動、反戦運動はどうなっているのでしょうか。
> わかっている範囲でお知らせ頂ければ幸いです。
> (さいたま市 石垣敏夫)
> 難民たちが故国に戻れる日は来るのだろうか?(アサド‐プーチン会談:RT 
> 報道の和訳付き)
> みなさまへ (BCCにて)松元
> 欧州難民問題について、童子丸開さんの新訳リポートを紹介させていただきます。
> ======以下全文転載======
> バルセロナの童子丸です。
> 欧州での難民問題は今から欧州諸国に大きな政治的・経済的・社会的混乱を引き
> 起こすことが予想されます。
> スペインにもこの11月に1万5千人ほどがやってくることになっていますが、
> 現在のところ、反対運動などは起こっておらず、国民は平静に受け止め ている
> ようです。
> というか、カタルーニャ独立問題と年末選挙で「それどころじゃない」というこ
> となのかもしれません。しかしじきにここでも様々な軋轢を産む可能性 があり
> ます。
> 今回は、この10月20日にモスクワを訪れたシリア大統領バシャール・アサド
> とロシア大統領ウラジミール・プーチンの会談を報道するRTニュース の和訳
> (仮訳)を中心に、中東での動乱と難民の問題に突っ込んでみたいと思います。
> お読みになって意義があると思いなら、ご拡散をよろしくお願いします。
> * * * * * * * *


CML メーリングリストの案内