[CML 040319] New!【異論・反論】■なぜ西播労連は憲法21条違反を認めて謝罪した姫路市当局を許し損害賠償請求裁判を,取り下げてしまったのか?

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2015年 10月 27日 (火) 11:18:41 JST


いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】
【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情報拡散運動】を主宰
するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日月曜日(2015.10.26)に放送しました【YYNewsLive】の新コラム【今日の異
論・反論】
を加筆訂正して【異論・反論】にまとめました。

New!【異論・反論】

■なぜ西播労連は憲法21条違反を認めて謝罪した姫路市当局を許し損害賠償請求
裁判を
取り下げてしまったのか?

本日メーリングリストでI氏より以下のようなメッセージが配信されてきた。

(配信メッセージ転載はじめ)

姫路市が憲法違反を認める

快挙、泣き寝入りせず、闘うこと

以下一部再掲

7月24日、西播地域労働組合総連合は「姫路駅北にぎわい交流広場」で「駅前文
化祭」を開催。

「アベ政治を許さない」ポスターの掲示や安倍政権批判のパフォーマンスなどを
始めたところ、交流広場を管理する姫路市が介入、「公序良俗に反す る」など
として2時間でイベントを中止させた。

西播労連は8月、市側の中止要請は「憲法が保障する集会、表現の自由を不当に
侵害し違憲」などとして、市を相手取る損害賠償請求訴訟を提起。一方 で、訴
訟の第1回口頭弁論の期日(10月7日)までに、

市が憲法違反を認めた上で謝罪すれば、訴訟を取り下げる‐とする申し入れ書を
市に提出していた。

9月30日、姫路市は主催者の西播地域労働組合総連合(西播労連)に対し、

「憲法が保障する集会、表現の自由を侵したこと」などを認めて謝罪した。これ
を受け、西播労連は同日、市に約220万円の損害賠償を求めて起こしていた訴
訟を取り
下げた。

詳細は下記サイト

http://9jo-haiku.com/

(配信メッセージ転載終り)

西播労連は損害賠償裁判を取り下げるべきではなく、憲法21条に違反し「公序良
俗に
反する」などとして交流広場でのイベントを2時間で中止させた責任者が誰なの
かを特定し、憲法第21条『集会・結社・表現の自由、検閲の禁止』違反及び刑法
193条『公務員職権濫用罪』で刑事告訴すべきなのだ。

姫路市当局が憲法違反を認めて謝罪しただけで裁判を取り下げ許してしまったのは、
闘う側の意識が低く過ぎるからだろう。

こんな形だけの姫路市当局の謝罪は『快挙』でも何でもないのだ!

【参考情報】

▼刑法・公務員職権濫用罪

193条 公務員がその職権を濫用して,人に義務のないことを行わせ,又は権
利の行使を妨害したとき →2年以下の懲役または禁錮

(おわり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





CML メーリングリストの案内