[CML 040209] 歴史歪曲ドラマ「坂の上の雲」−松山市教委等違法ちらし配布住民訴訟

okumura etuo gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
2015年 10月 19日 (月) 22:25:36 JST


愛媛の奥村です。
BCCでお送りします。重複される方、すみません。
転送歓迎


えひめ教科書裁判のお知らせ・傍聴のお願い

以下、傍聴の呼びかけちらし文です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『坂の上の雲』差し戻し審の「判決言渡し」 傍聴のお願い

日時 : 10月27日(火) 16:00〜
場所 : 松山地裁31号法廷

※経過報告や説明を行いますので、
可能な方は30分前に別館の待合室においでください。


 私たちは、松山市教委が2009年の放映を前にして、NHKドラマ『坂の上の雲』
(原作、司馬遼太郎著小説『坂の上の雲』のドラマ化で、日本による朝鮮の植民地支
配を正当化し、朝鮮・中国を日本より劣等視する記述など非常に重大な問題点が多数
ある作品)を家族揃って見るようにとのチラシを小中学の子供らに持ち帰らせた行為
は憲法19条等に違反し、それに関連する公費の支出は違法であるとして返還を求め、
2010年11月の住民監査請求を経て、2011年1月住民訴訟を松山地裁に提訴しました。

 ところが、担当の濱口裁判長は、口頭弁論を一度も開くことなく、「却下」するとい
う判決文を2011年8月いきなり送りつけてきました。

 私たち原告等は、この暴挙に対して直ちに高松高裁に「控訴」しました。控訴審で
は1012年2月に、「判決の一部を取り消し、松山地裁に移送する」という判決を下しま
した。実質的な「差し戻し」判決であるといえ行政裁判では極めて希な判決だそうで
す。

 地裁では、加島裁判長のもとで2回の差し戻し審がおこなわれるなかで、私たち原
告側は、被告側に対して違法行為の証拠を開示する命令するよう求めましたが、裁判
長は裁判を進行しないまま転勤し、以来2年半ほど裁判は停まっていました。

 その後、現在の西村裁判長の担当となり審理が再開されました。原告側は、これま
でに準備書面を45通、56の証拠を提出するなど取り組んできました。比較的丁寧な審
理が行われるなかで今年6月に結審となり、下記のような日程で「判決言渡し」が行
われます。

 松山市教委の行為は、自国中心主義的に歴史を歪曲し、侵略戦争を正当化する内容
を特徴とする、特定の思想的価値観を持った小説を基にしたドラマ『坂の上の雲』を
観るようにというものであり、子どもたちの内心に介入する憲法違反です。

 そして、松山市教委は、今年8月に行われた中学校の「教科書採択」において、来
年度から使用する歴史教科書として、特定の思想集団が執筆・監修し、同じ問題点を
持っている「つくる会」系の「育鵬社版」教科書を、教育の専門家である現場の教員
たちの希望を無視して、「採択権限が教育委員(会)にある」との法令もなく、しか
も9教科の専門的知識もない教育委員等のお好みにより多数決で違法採択しました。

 9月19日、立憲主義を無視し憲法9条を破壊する戦争法案の強硬採決が参議院で行な
われましたが、戦争政策と教育の支配は表裏一体のものです。

 今回の判決言渡しは、このような松山市教委の行為に対して、私たちが、これから
どのように対応してゆくことが求められるのかを考えなければならない状況下に行わ
れます。

 ぜひ、法廷まで足を運んでくださいますようお願い致します。

えひめ教科書裁判を支える会
「坂の上の雲」記念館の問題を考える会

***************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net

安倍政権の「教育再生」の問題点
教育委員会制度とは 画像13分43秒
https://www.youtube.com/watch?v=iByza-XunEQ
安倍自民党政権の「教育再生」は、憲法改悪の地ならし-資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2013/saisei.html
「原発安全神話と教科書記述−検定基準改悪」 画像5分49秒
http://www.youtube.com/watch?v=1l6SToOmnk4 
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm
憲法活用が、憲法「改悪」の〈ちから〉! 
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub8.htm
****************




CML メーリングリストの案内