[CML 040207] ヒトラーを暗殺せんとエルザーは ひとり抗する手製爆弾

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 10月 19日 (月) 20:31:32 JST


映画*「ヒトラー暗殺、13分の誤算」 <http://13minutes.gaga.ne.jp/>* 原題「エルザー」

1939年、ミュンヘンの酒場で暗殺しようと手作り爆弾を埋めこむ場面から始まる。

なぜエルザーは、決起したのか。

政治に関心を持たない、人妻と恋愛ちゅうの音楽好きの家具職人。

ミュンヘンの「白バラ」大学生のように高等教育を受けたわけでもない、貧乏な田舎者*ゲオルグ・エルザー
<http://eiga.com/news/20151016/13/>*。

自分の頭で考えて、行動する。

逮捕されたあと氏名・住所を訊かれると*黙秘
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/3de0aa8b92480bd387182b17d25cbcac>*
する。ハミングする。そして歌う。しかし、婚約者を連れてこられると自白することに。

ひとりでやったと言っても、信じない秘密警察。黒幕がいるはずだ。英国の手先だと「物語」を捏造しようとする。

「だれに言われたわけでもなく、自らの目と頭で大きな危険を察知し、だれにも相談せず1人で動いた。無力だからとあきらめたり、だれかがなんとかしてくれるだろうと任せたりはしなかった」
<http://mainichi.jp/shimen/news/20151014ddm003070127000c.html>

ひたひたと田舎にファシズムが沁みこむ状況は、*池田浩士の本
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/160f56a9b62a616dce47f238ce843d20>*
を読むと更に判る。

オリヴァー・ヒルシュビーゲル
<http://www.cinematoday.jp/name/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB>
監督はインタビューで*「主人公はエドワード・スノーデン
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/c94ffd2375e1904e60e783f104514f6e>のようなひと」*
と表現してた。なるほど。

ちなみにエルザーの復権の署名運動が始まったのが93年、メルケル首相により公の場で評価されたのはなんと2014年。
<http://bylines.news.yahoo.co.jp/kihirateruyuki/20151014-00050463/>



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内