差別者の戯言 Re: [CML 040169] 【ブログ記事】■差別語『ばか、きちがい』は一般人に使うことは禁止だが権力支配者に対しては大いに使うべきだ!

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2015年 10月 17日 (土) 07:26:45 JST


檜原転石です。

山崎康彦さん、相変わらずの戯言を言ってますが、もっとも差別されている側の
精神障がい者の人たちが使わないでくれ!と要望した差別語が、なぜ権力者を批
判する時だけには使えるのですか?

じゃあ、たいそう立派な貴方の運動は精神障がい者との連帯を初めから想定して
いないということであり、簡単にいえば貴方こそが差別者ということです。

いいですか、エリザベスの夫・フィリップ「生まれ変わったら、死のウイルスに
なって人口問題を解決させたい」「ここに長くいたら、(中国人みたいに)目が
細くなりますよ」 「まだ槍を投げ合っているのですか?」とか言いたい放題で
すが、隷属民はこの種の愚者を仰ぎ見ているのです。巨大犯罪者を仰ぎ見るよう
な隷属民は、自らの下位の者を探して容易に差別者になるのです。

米国の奴隷制度も民衆の連帯を阻止するために支配者に案出されましたし、かよ
うに民衆の差別思想は容易に権力に利用されます。よって反権力運動に障がい者
への差別を持ち込むような貴方の戯言はただの害毒でしかありません。

そういえばNHKのクローズアップでノーベル受賞者が差別語を使っていました
が、NHKは視聴者に何の説明もありませんでした。

▼小林健治『差別語不快語』にんげん出版

 頁17──

なにが差別なのか、なにが差別語であるのかは、社会の進展によって大きく変化
していきます。たとえば「めくら」にこめられた差別性は、近代になって、当事
 者みずからが声をあげることによってはじめて意識され、“差別語”として問題
視されることになりました。たとえば、障害者に対する差別語を無自覚に使用し
て いたテレビ・ラジオ・新聞に対して、大阪府の精神障害者団体などから、
「『きちがい』といったことばをテレビやラジオ等でもちいないでほしい」とい
う要望がなされたのは、1974年のことでした。その主旨を下記に抜粋します。

 「すべての障害者とその家族は、心身障害にかかわりのある表現が、興味本位
やその欠陥を無能悲惨な状態を示すものとしてあつかわれることに対し、被差別
者としての憤りを感じている。・・・・・・興味本位のゼスチャーゲームはろう
あ者に対する軽蔑であり、メクラ判、メクラ縞ということばは無能悲惨な状態を
示すものと受けとっており、今まではそうした放送があるたびに、チャンネルを
切り替えるといった消極的な態度を続けてきたが、今後は、社会の公器としての
放送・新聞に対し、用語のもつ意味と与える影響を訴えていきたい。不用意に
『きちがい』という用語がもちいられると家族は萎縮し、回復期にある患者には
ショックを与える結果を招いている。どうか被差別者の心の痛みを、みずからの
痛みと感じとってほしい。」
 (1974年/全国精神障害者家族連合会の申し入れより抜粋)

  1970年ごろのテレビ・ラジオや新聞では、障害者に対する差別表現が、まだ
まだ無造作に使用されていた様子がうかがえます。それから40年を経た今日で
は、“障害者”という言葉自体も、差別性をふくむとして、「障害者」から「障が
い者」へといった見直し作業がはじまっています。わたしたちは、「昔か使われ
てきた言葉だから」「辞書に載っているから」よしとするのではなく、いまの時
代や社会意識状況に照らして、差別語の問題を絶えず問いつづけなければなりま
せん。 








On 2015/10/16 10:19, 山崎康彦 wrote:
> いつもお世話様です。                         
> 
> 【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】
> 【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情報拡散運動】を主宰
> するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。
> 
> 昨日木曜日(2015.10.15)に放送しました【YYNewsLive】の『メインテーマ』を
> 加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。
> 
> 【ブログ記事】
> 
> ■差別語『ばか、きちがい』は一般人に使うことは禁止だが権力支配者に対しては
>  大いに使うべきだ!
> 
> なぜならば、権力者に使用する『ばか、きちがい』は差別用語ではなく、その人
> 物やその一味たちの精神構造と行動の『異常さ』を端的に表現する『警告・告
> 発の言葉』だからだ。
> 
> 多くの人が言うように『[ばか、きちが]いは差別用語だから全面使用禁止』となれ
> ば、私のように一般人には決して使わず、権力者の異常さを警告する場に合のみ
> 使用する者に対してブレーキをかけることになるのだ。
> 
> すなわち、権力支配層の精神構造と行動の『異常さ』を警告することが妨害さ
> れ、結果的に彼らの権力乱用による国民の命、尊厳、平和、自由、独立の 破壊
> が黙認・容認される危険性があるのだ。
> 
> 『ばか、きちがい』はすべて使用禁止にすべきではなく、使用対象を『一般人』
> と『権力支配層』とに峻別し一般人には使用禁止、権力支配層には使用 を奨励
> すべきなのだ。
> 
> これは私が日ごろ主張しているように、一般人が犯す『一般犯罪』と権力支配層
> が犯す『権力犯罪』とをはっきり区別すべきであることと共通している。
> 
> 『一般犯罪』では、一人が人を殺しても多くてもせいぜい3-4人でしょう。
> 
> しかし『権力犯罪』では、一人の独裁者がその国を戦争に誘導し戦争を勃発させ
> れば、戦死者の数は『一般犯罪』の比ではないのだ。
> 
> 例えば、昭和天皇が主導した『大日本帝国』建設目的のアジア・太平洋侵略戦争
> (1931年-1945年)の戦死者数は、軍人、民間人合わせて 4000-5000万人と言われて
> いる。
> 
> またナチス・ヒットラーが主導した『第三帝国』建設目的のヨーロッパ・ソ連・
> 北アフリカ侵略戦争(1939年-1945年)の戦死者数は、軍人、民間人合わせて5000万
> -8000万人と言われている。
> 
> 『一般犯罪』で一人が詐欺や横領で金をくすねても多くてもせいぜい数億円で
> しょう。
> 
> しかし『権力犯罪』で一人の独裁者が税金を横領し浪費する額は『一般犯罪』の
> 詐欺・横領の比ではないのだ。
> 
> 例えば、安倍晋三ファシスト&キチガイ首相は、2012年12月に首相に就任して以
> 来約3年の間に世界50カ国以上を廻り、中国への対抗心と自ら の優越感で30兆円
> もの国民の税金を国民の了承もなく国会の承認もなく勝手にばら撒いているのだ。
> 
> 最悪の『権力犯罪』である戦争が勃発すれば、その犠牲者の数と被害の規模は
> 『一般犯罪』の殺人の被害とは桁が違うのだ。
> 
> 私は『権力犯罪』に関して以下のことを主張している。
> 
> 1.一般犯罪の最高刑を懲役20年にして死刑と無期懲役を廃止、権力犯罪の最高刑
> を死刑と無期懲役にすべし!
> 
> 2.犯罪捜査の警察、起訴する検察、審判する裁判所も『一般犯罪』系と『権力犯
> 罪』系の二つに分けるべし!
> 
> すなわち『一般人』と『権力支配者』をはっきり区別すべきなのだ。
> 
> 『一般人』と『権力支配者』の区別をせず『差別用語の全面使用禁止』を主張
> することは、『権力支配者』の正体を隠し彼らの『異常さ』を黙認する ことに
> なることを自称『人道主義者』や自称『反差別主義者』は自覚すべきでしょう。
> 
> (終り)
> 
> *************************
> 【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
> 情報発信者 山崎康彦
> メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
> *************************
> 
> 
> 
> 


CML メーリングリストの案内