[CML 040137] 背泳ぎを堪能したよ嬉しいな 水槽にても貧富の差あり

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 10月 13日 (火) 20:08:32 JST


水泳を毎日するようになったのは20年以上まえ。

アスファルト照りつける太陽の熱に堪らなくなった、六本木勤めの時代。家に帰ってシャワーを浴びるまで、体がもたないほどだったから。

当時は入会金300万円だかの高級スポーツクラブを転売したとこで、シャワー室は外人使用の巨大な大理石。プールの水道蛇口は真鍮で金色ぴかぴか、王侯貴族のような豪華さ。
「黒い迷宮」のルーシー
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/d28ffd611e475368eaa79747670f5d5f>
のような美女が、たくさんいた。

ずいぶん変わったなあ。わたしもマンション暮らしから、駅から遠い木造アパート暮らし
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/b1e8f51dd31cdd574f8bcc130587d207>
。ひとびとの生活状況も変わった。

近頃 <http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/9a490035f8a4e6f1f3a71cc5ffd85b3a>
スポーツクラブの利用者が減ったのは、生活に余裕がないひとが増えたからだろう。そのため、*コースに一人しかいないときの特典「背泳ぎ」し放題。うれしいな。*

富裕層から金を取るつもりか、個人レッスン。あるいはグループレッスンが盛んになってきた。

年齢だと、高齢者が増えた。おしゃれでするより実用か。

子どもスクールが盛んになった。少子化で親は必死に金かけてんのかな。

(水着姿を貼ろうとしたけど、自称・特定秘密
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/4b35cc66ba9607283e8af10fe086de3a>
だからゴーグル)

-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内