[CML 040073] 内田聖子のTPP交渉ウォッチ!vol.10:TPP「大筋合意」の裏側―米国議会の反応(転載)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 10月 9日 (金) 22:53:58 JST


紅林進です。


私も会員になっていますPARC(アジア太平洋資料センター)のメール
通信から、PARC事務局長の「内田聖子のTPP交渉ウォッチ!vol.10
「TPP『大筋合意』の裏側―米国議会の反応」などを転載させていた
だきます。

なおPARCでは現在、【PARC自由学校】秋の特別講座の受講生を
募集していますが、その申し込み締め切りが10月13日(火)に迫って
いますので、ご関心のあります方はぜひお申し込みください。

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
┌┬─────────────────────[2015/10/09]
├┼┐  PARCメール通信 【Vol.24】
│└┼┐  TPP「大筋合意」の裏側―米国議会の反応 ほか
│ └┼┐            http://www.parc-jp.org/
└──┴┴─────────────────────────

 ■CONTENTS■
【1】内田聖子のTPP交渉ウォッチ!vol.10
【2】【PARC自由学校】秋の特別講座、申込締切迫る!
【3】今後のPARC主催・共催・協力イベント一覧

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【1】内田聖子のTPP交渉ウォッチ!vol.10
┃TPP「大筋合意」の裏側―米国議会の反応
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・

 TPP閣僚会合が終了しました。
全体の印象としては、具体的な話はなく、
今回で「大筋合意」したと言わなければマズイ、
という中でひねり出された合意であると思います。
閣僚自  らもいうようにprinciple agreement(原則としての合意)
であり、テキストも交渉課題も残っているのです。

「大筋あるいは原則合意(=Broadly / Principle agreement)」 と
「最終合意(Final
 Agreement)」は違います。
最終合意ということはすなわちテキストが完成していることです。
両者の間には様々なプロセス(各国間や国内調整)
が必要で時間を要します。

今回交渉が進んだのは事実ですが果たして
すべての国・分野での「大筋合意」なのか。一部メディアの
「TPPは完成!」というトーンはミスリードと思います。
だいたい「大筋合意」の中身が説明され、
それが公約(自民党決議)に違反してないか検証する前に
「できたできた〜」というのはおかしいですよね。

つまりこの時点では「主要な課題で主要な国が概ね合意をした」
という程度ではないでしょうか。
これ自体は交渉プロセスの一つですが、それをどう名づけるのか
という時、意図的なミスリードが生ま
 れるのだと思います。

TPP「大筋合意」を受け米国議会や企業、市民団体からは
様々な反応があります。米国の今回の交渉に対し批判的な
ものも多いです。これは、最終的にUSTRがアトランタでの
他国とのバトルでなく、ワシントンでの国内バトルを選択した
ことに起因します。すでに「大筋合意」からの道のりは
苦難に満ちています。

ハッチ上院財政委員長は「合意内容がまったく不十分」と指摘。
サンダース上院議員は「ウォール街と大企業の勝利」と批判、
上院でのTPP合意阻止に全力を尽くすと述べました。
次期大統領候補のバーニー・サンダースは
「めちゃくちゃな合意」と批判しています。

民主党の多くの議員や労組は、TPPが米国内の雇用と
環境規制に 
 影響を与える事態を懸念しています。
また、共和党の一部議員は、たばこ会社が禁煙を促す
措置をめぐり政府に訴訟を起こすことを阻止する
TPPの条項に反対しています。

一方、米国農務長官のビルサック氏は、
「TPPの条文テキストは今から30日以内に公開される見込み」
と語っています。IUST紙では「オバマ大統領はテキスト公開を
今後3週間以内で行おうとしている」と報じています。
アトランタ後、交渉官はテキスト作成に邁進しているというが、
本当にできるのでしょうか? 私は疑問です。

日本では今回の「大筋合意」の直後に自民党政権は
早速農業対策を進め、予算化してしまおうとしています。
農水省のHPには速報で「TPP農林水産物市場
アクセス交渉の結
 果」が掲載されました。
閣僚記者会見前の掲載かは不明。なんだか素早いですね。
これに基づき早く対策を来年度の予算化して
農業者に参院選でも自民党を支持してもらわないと
いけないからです。

テキストも完成しておらず、最終合意もしておらず、
議会の承認手続きも終えていないのに予算措置をする国など、
私の知る限り日本しかないのではないかと思います。

前のめりなどという生易しいレベルの話ではありません。

---------------------------------------------------
★内田聖子のメディア出演情報★
●10月9日(金) 21:00〜 
MBSラジオ「報道するラジオ」(電話生出演)
TPP大筋合意を受けての問題提起です。
この番組には何度か出させてもらっていますが、
本質まで掘り下げる素晴らしい番組です。ぜひお聞きください。 
http://www.mbs1179.com/hou/#tab1 

●10月12日(月・祝) 20:00〜21:50
J-WAVE「JAM THE WORLD」(スタジオ出演)
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/ … 

★帰国後の報道採録★
●東京新聞(10/9)朝刊特報面
TPP「大筋合意」で終わりじゃない 
警鐘鳴らすNPO内田聖子さんに聞く
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015100902000126.html

●IWJ Independent Web Journal
2015/10/06 「合意」なんてあり得ない!!
STOP TPP!! 官邸前アクション
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/268905
-------------------------------------------------------------------

このように「大筋合意といってもわからない」
「本当に決まったの?」という点を
きちんと取り上げてくださるメディアもあります。
ぜひご注目ください。


CML メーリングリストの案内