[CML 040064] 歴史は動いている 10.8戦争法廃止、安倍内閣退陣、総がかり行動集会(レポ一部)

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2015年 10月 9日 (金) 10:33:32 JST


(転送歓迎)

2015.10.9

歴史は動いている 



10.8戦争法廃止、安倍内閣退陣、総がかり行動集会(1750名参加・文京シビック大ホール)レポ(一部紹介) 

フクシマ原発、再稼動阻止行動、テントひろば創設、集団的自衛権閣議決定、

戦争法案反対12万人集会デモ、と民衆の闘いは進み、歴史は動いている。



■ 九条は生きている。挫折感はない(総がかり行動世話人・高田健さん)

● 米国はアフガンの病院を爆撃、戦争犯罪・人道の罪を続けている、

今のままでは自衛隊も一緒になる(NGO非戦ネット・熊岡路矢さん)

● 不当・不法な強行採決で悔しい。御礼と力不足をお詫びしたい、

国会の内と外とが繋がった(民主党・福山哲郎さん)

● 「米国に黙ってついていけば良い」これはヤクザの理論、共産党も変った、

立憲主義破壊の為、選挙協力をする(共産党・田村智子さん)

● 憲法5.3横浜集会で共同行動が取れ、誰もが参加できるようになり、

今の状況を作り出している、参院選1人区は全野党協力で議席を(社民党・吉田忠智さん)

● 40年ぶりに街頭集会デモに参加、今憲法の上に安倍政権が君臨、クーデター内閣である。

米国では研究費の1/3が軍事研究に使われている。私たちの行動に多数が賛同、

今も動き始めている(安保法制に反対する学者の会・佐藤学さん)

● 日弁連は、立憲主義を取り戻す、真理を求める学者と法治国家を守るために闘う

(日本弁護士連合会憲法問題対策本部・山岸良太さん)

● 原発反対も戦争法反対も女性の方が数が多い(女の平和実行委員会・杉浦ひとみさん)

● 始めて街頭に出て議員会館の前でしゃべった、砂川判決を高村副総裁が利用したが、

「一見極めて明白に違憲行為である」砂川判決は逆襲する(立憲デモクラシーの会・石川健治さん)

● 国会の内と外があの国会包囲行動で初めて繋がった、これをこれからも続けて行く事だ。

渋谷・新宿での集会等を続ける(シールズ・本間信和さん)

● 靖国訴訟で違憲判決を下した裁判長は遺書を書いていた。

今回の戦争法は差し止め訴訟を含め、伊藤真弁護士を筆頭に全都道府県で違憲訴訟の準備を進めている、

ポツダム宣言10項*は日本民衆の意思でもある(違憲訴訟を準備する弁護士から・内田雅敏さん)

 ● 生きとし、生きる者と共感していく、安倍首相にはこれがない。

創価学会も動いた(宗教者・渡辺多嘉加子さん)

● 雨にも負けず、アベにも負けず(9条壊すな!街宣チーム・菱山南帆子さん)

● 脱原発に限っていたが、戦争法案は一体としてやらなければと立ち上がった

(脱原発女たちの会・土井登美江さん)

● 戦争法と秘密保護法は一体、情報公開と公文書管理法で闘う

(秘密法廃止へ!実行委員会・前田能成さん)

● 辺野古基地阻止は戦争法反対と同根で、全島民の体を張っての闘いは知事と共に自公政権を追い込んでいる

(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック・木村辰彦さん)。

● アベ政権の手で教科書が改悪、子どもの人権の否定、戦争の担い手となるよう、

子どもの教育が進んでいる。(安倍の教育政策NOネット・俵義文さん)



■ <行動提起> 戦争法廃案の闘いは選挙・違憲訴訟・

国会包囲集会デモ等々を含めこれからも全力で進める。

毎月19日を行動の日と決める(総がかり行動・福山真劫さん)



資料*ポツダム宣言10項

我々の意志は日本人を民族として奴隷化しまた日本国民を滅亡させようとするものではないが、

日本における捕虜虐待を含む一切の戦争犯罪人は処罰されるべきである。

日本政府は日本国国民における民主主義的傾向の復活を強化し、

これを妨げるあらゆる障碍は排除するべきであり、言論、

宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立されるべきである。

 (記載 さいたま市 石垣敏夫)


CML メーリングリストの案内