[CML 040049] 【情報】田中原子力委員長が福島歴訪(来週以降、詳細未定)

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2015年 10月 8日 (木) 17:20:20 JST


木村(雅)です。

(情報提供です、重複をお許し願います。)

昨日(10月7日)の原子力規制委員会定例会議で、田中委員長の福島訪問が発表されました。
詳細は全く不明ですが、田中委員長が来週以降に、次の目的で、避難指示が出た12市町村といわき市と伊達市を訪問して行政の長と会うそうです。
1 帰還住民にイチエフの現状を説明(促進)
2 「帰還に向けた安全・安心についての考え方」(閣議決定)による相談員制度と福島再生加速交付金1000億円の活用状況を知る

安倍首相のIOCコントロール・ブロック嘘発言をサポートした原子力規制委員会は、太平洋を汚し続けデブリの状態が分からず廃炉への道が全く見えない東電福島第一原発(イチエフ)を放っておいて、イチエフ事故の検証もせずに既存原発を動かす為の緩やかに過ぎ合理性を欠く「新規制基準」を作り、川内・高浜・伊方・…について事業者任せ事業者擁護の違法とまで訴えられる甘い甘い審査を異議申立を無視して続けて再稼働を推進し、あろうことか東電の柏崎刈羽原発の優先審査までしています。

田中委員長の福島行は、福島は大丈夫、風評被害を避けよう、などのキャンペーンを目的としていると思います。
が、年間100mSvで安全、年間20mSvで帰還、UPZ30km、屋内退避で安全、などなどの科学的でなく政治的提言をしてきた原子力規制委員会に対して、被害を受けた地元住民が厳しく追及するチャンスにできるかも知れません。
記者会見で、住民と直接会わないか、仮設住宅に行かないかと尋ねられても否定していました。が、真の福島の声を田中委員長に伝えて全国に報道させることができるといいと思います。
注目し監視し声を上げましょう。

(原子力規制委員会定例会議)
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/index.html
https://www.youtube.com/watch?v=McnjIC5jqs0の1:16:10あたり
(原子力規制委員長記者会見)
http://www.nsr.go.jp/nra/kaiken/index.html#section1
平成27年10月7日 速記録【PDF:121KB YouTube 参照
以上



CML メーリングリストの案内