[CML 039999] 本日10/5(月)ルネサンス研究所講演会「南沙紛争の歴史的背景と問題の原点」 (講師:矢吹晋)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 10月 5日 (月) 15:32:38 JST


紅林進です。

 開催日当日、それも直前になってのご案内の転載で恐縮ですが、
本日10月5日(月)、専修大学神田校舎で開催されますルネサンス
研究所主催の下記講演会のご案内を転載させていただきます。 

 なお本日の講演会の講師の矢吹晋さんは昨日10月4日(日)に
明治大学で開催されましたシンポジウム「日中友愛外交の道を探る」
でも、「原点から再考しよう」と題されて報告されました。

その内容については、下記サイトでユーチューブ録画を観ることができます。
 
「UPLAN(ユープラン)」 https://www.youtube.com/user/77209088
https://www.youtube.com/watch?v=JE36VI8r47E    (前半)
https://www.youtube.com/watch?v=aAk3eUwEyLM (後半)


(以下、転送・転載歓迎)

「南沙紛争の歴史的背景と問題の原点」 
 
講 師 : 矢吹晋(横浜市立大学名誉教授)

日 時 : 2015年10月5日(月)18時30分~21時(開場18時15分)
会 場 : 専修大学神田校舎5号館571教室
交通アクセス・地図 http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html
キャンパスマップ http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html
参加費: 500円 

日中を決定的に対立させた尖閣衝突は、いまや南シナ海に飛び火した。
2014年から本格的に開始された中国による「島作り」をもって、安倍政権
は中国脅威論を煽動し、先に強行採決された「安保法制」の必要性の根拠
としてきた。南シナ海の領土問題の歴史的展開を詳細に解明し、問題解決
の原点をさぐる。

参考文献:『情況』最新号掲載の矢吹論文、『変革のアソシエ』21号掲載の
       矢吹論文、『尖閣問題の核心』(花伝社)

主催:ルネサンス研究所
問合せ先:090-4592―2845(松田)


CML メーリングリストの案内