[CML 039978] 【企画案内】10/25『アジェンダ』50号発行記念講演会@京都

谷野隆 avenir at tc4.so-net.ne.jp
2015年 10月 3日 (土) 21:19:51 JST


アジェンダ・プロジェクトの谷野です。
おかげさまで季刊誌『アジェンダ』も発行50号を迎えました。
記念講演会を京都で開催いたします。
多くのみなさまのご参加をよろしくお願いいたします。


(ここから転送・転載歓迎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『アジェンダ―未来への課題』50号発行記念講演会
資本主義のオルタナティブとしてのグローバル社会的経済

◆日時  2015年10月25日(日)13時半開場 14時開始

◆会場  龍谷大学深草キャンパス 3号館101教室
    (京都市伏見区深草塚本町67)
※アクセス  京阪電車「深草」駅よりすぐ
         京都市営地下鉄「くいな橋」駅より東へ徒歩15分

◆講師  丸山茂樹さん(ソウル宣言の会)
 【プロフィール】
1937年愛知県生まれ。参加型システム研究所、JC総研客員研究員、
生活クラブ生協連合会・国際担当を経て、1999~2001年にソウル大学に留学。
韓国聖公會大学大学院・非常勤講師(協同組合論・社会運動史)
韓国農漁村社会研究所理事、エントロピー学会元共同代表、
東京グラムシ会運営委員会元代表。『運動史研究』全17巻(三一書房)の編集執筆に参加。

◆参加費    一般  800円
       アジェンダ各種会員  600円 

野放図な投機マネーを中心にした資本主義的グローバリゼーションの下で、
人々の命と生活を守る規制が次々と取り払われています。
資本による「成長」「利益」を追い求める競争が際限なく激化する中で、
「福祉国家」による対応は限界を見せ、
世界中で格差拡大と貧困、社会的排除、環境破壊が進んでいます。
この危機的状況にある資本主義社会へのオルタナティブとして、
一昨年、「社会的経済」に取り組んできた人々がソウルに結集し、
「ソウル宣言」を採択、昨秋には13ヵ国18機関と18ヵ国43団体の参加により、
グローバル社会的経済協議会(GSEF)という国際組織が正式に発足しました。
「社会的経済」、あるいは「連帯経済」とは、営利を目的とせず、
相互扶助や協働をベースにして、「人間のため、環境のため、
後の世代のために役に立つ経済」を創りだす取組みです。
それは草の根の参加型民主主義を方法とし、
公平で公正な、地域循環型の持続可能な社会を目指すものです。
その主な担い手は各種の協同組合や社会的弱者を支援するNPO/NGO、
社会的企業などですが、フェアトレード、リサイクルショップ、食品の安全や地産地消など、
広範な活動を含みます。
今回、「ソウル宣言の会」の丸山茂樹さんに、「社会的経済」の意義、
その具体化として進められているソウル市での取組みやGSEFについて
語っていただきます。多くのみなさまのご参加をよろしくお願いいたします。

主催  アジェンダ・プロジェクト
〒601-8022
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
筺Fax 075-822-5035
E-mail agenda at tc4.so-net.ne.jp
URL http://www3.to/agenda/
FB https://www.facebook.com/agenda.project



(ここまで)


CML メーリングリストの案内