[CML 039965] 【ブログ記事】■全知全能の神】を信じるかは個人の問題だが宗教組織が他人に強要しだすととんでもないことが起きる!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2015年 10月 3日 (土) 07:45:01 JST


いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】
【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情報拡散運動】を主宰
するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日金曜日(2015.10.02)に放送しました【YYNewsLive】の『メインテーマ』を
加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。

【ブログ記事】

■【全知全能の神】の存在を信じるかどうかは全く個人的な問題だが、ひとたび教
祖や宗教組織が【神の存在】を信じるよう他人に強要しだすと、とんで もない
ことが起きるのだ!

自分たちだけが神に選ばれた選民であり、その他の人間はゴイム=動物以下の存
在で家畜として支配されるべきであるという選民思想を基にした、ユダ ヤ人に
よる世界支配を目論むカルト宗教【ユダヤ教タルムード】はその典型だろう!

米世論調査企業ギャラップ(Gallup)が2010年2月11日に発表した調査結果によ
ると、『神が過去1万年ほどの間に人間を現在のような形 で創造したと信じてい
る』と米国人の約44-47%が答えているという。(出典は下記のWikipedia記事)

『神が人間を含むこの世界を創造した』と信じる【信心深い人間】が人口の4割
を超える米国とはいったいどのような国なのか?

米国は世界一の軍事大国である。

米国は世界一の他国を侵略する戦争大国である。

米国は世界一の経済大国である。

米国は世界一の他国の経済を破壊する経済破壊大国である。

米国は世界一の金融大国である。

米国は世界一の他国の金融を破壊する金融破壊大国である。

米国は世界一の情報大国である。

米国は世界一の他国の情報を支配する情報支配大国である。

米国は世界一の宗教大国である。

米国は世界一の他国の宗教を破壊する宗教破壊大国である。

米国は世界一の環境破壊大国である。

米国は世界一の大格差社会であり国民生活破壊大国ある。

米国は世界一の英語帝国主義国であり少数民族や他国言語を破壊する文化破壊大
国である。

なぜ神の存在を信じる【信心深い人間】が人口の約半分を占める米国がろくでも
ない国でしかないのか?

それは、小さいころから【神の存在】を信じさせ『神が人間を含むこの世界を創
造した』と信じさせる【完璧な洗脳システム】が米国には完備されてい るから
だろう。

それは、【完璧な洗脳システム】を駆使して洗脳された米国民が、洗脳する支配
権力層の奴隷となって彼らの好き勝手を許しているからだろう。

ユダヤ教にしろ、キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、仏教にしろ、様々なカ
ルト宗教にしろ、【全知全能の神や仏】の存在を信じるかどうかは全く 個人的
な問題であり教祖や牧師やラビや宗教主導者にに強要され洗脳されるものではな
いのだ。

そのためには、教祖や宗教組織が【神の存在】を信じるよう他人に強要し洗脳す
ることを全面的に禁止すべきなのだ!

特に判断力が備わっていない幼児や子供への宗教洗脳を全面的に禁止すべきなのだ!

【宗教がない世界】こそがまともな世界なのだ!

【関連情報】

▼進化論と宗教 (Wikipediaより抜粋)

https://goo.gl/yyIGsC

創造論は創造主による創造を主張する。創造論については多くの説があるため、
項目参照のこと。

「生物は進化する」というテーゼは現在では学会で科学的仮説として受け入れら
れているが、信仰的、社会的に受け入れられているとは限らず、アメリ カには
進化論裁判の例がある。アメリカ合衆国の南部などいくつかの州では、プロテス
タントの一部に根強い聖書主義の立場から進化論が否定されてい る。ケンタッ
キー州には、進化論を否定する創造博物館が建てられている。

カトリック教会では1996年10月にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が、「進化論は
仮説以上のもので、肉体の進化論は認めるが、人間の魂は神に創 造されたも
の」だと述べた。つまり、人間の精神活動の源泉たる魂の出現は、進化論的過程
とは関係ないとする限定つきで、進化論をキリスト教と矛盾 しないものと認めた。

1950年の回勅「フマニ・ゲネリス」(en:Humani generis)でも、生物としての
肉体の起源の研究である限りは許容されているが、この回勅の時点では、進化論
は未証明の学説とされ否定的に扱われてお り、進化論を既に実証されたものと
して扱う立場が批判されている[9][10]。1958年に刊行されたフランシスコ会訳
『創世記』の解説では、 進化論が誤りであることが明らかになった、という記
述がなされている。

その後ヨハネ・パウロ2世の次の教皇ベネディクト16世は「進化論は全ての問い
に答えていない」と否定的な認識を示した。しかしさらに次の教皇フ ランシス
コは「神は、自然の法則に従って進化するように生物を創造した」と進化論は創
造論と矛盾しない見解を示した。

近年アメリカ合衆国のいくつかの州において、創造論が明確に学校教育に持ち込
まれようとしている。1980年代には裁判で創造論の理科教育への持 ち込みを禁
ずる判決が出された。そのために、「神による創造を科学的に解明する」運動が
創造科学として湧き上がった。しかし創造科学も創造論と同 様に科学ではなく
宗教であるという連邦裁判所の判決が下された。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内