[CML 040893] 今日の言葉(2)――想田和弘、伊勢崎賢治、矢部宏治、池澤夏樹、加藤典洋らが言い募り、小林節がそれに加担し、マガジン9条や東京新聞がその浪に乗ろうとした「新9条論」を長谷部恭男も立憲主義の立場から批判。

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2015年 11月 30日 (月) 17:48:38 JST


【「新9条論」派は憲法9条は死んだという。ではなぜ、安倍さんたちは改憲を目指しているのか】

(前略)

それにしても、想田和弘や伊勢崎賢治や矢部宏治や池澤夏樹(リンク中【再説:「左折の改憲」のゆくえ】参照)や加藤典洋(リンク
中の酒井克明さんの批判参照)らが言い募り、憲法学者でも改憲派の小林節(リンク中大田英昭さんの批判参照)がそれに加担
し、「マガジン9条」や東京新聞(リンク中澤藤統一郎さんの東京新聞批判参照)がその浪に乗ろうとした「新9条論」に対する批判
にも立憲主義が威力を発揮するとは、立憲主義おそるべし、というのが初学者である私の正直な感想だ。われながら間抜けな感
想だと思うが、そうとしか書きようがない。(きまぐれな日々 2015.11.30)


以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1666.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内