[CML 040817] 天皇誕生日祝賀反対12・23大阪集会

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2015年 11月 26日 (木) 11:07:31 JST


反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。
 12月23日に下記の集会を行いますので、多くの人に参加を呼びかけます。
 
■天皇誕生日祝賀反対12・23大阪集会
G7首脳の伊勢神宮参拝を画策する安倍弾劾 
 ◇日時 12月23日(水)午後1時30分~4時30分    
       集会後 デモ
 ◇場所 エルおおさか(大阪地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車徒歩7分)
 ◇シンポジウム「G7サミットと伊勢神宮」(仮題)
辻子 実さん(『靖国の闇にようこそ-靖国神社・遊就館非公式ガイド』(社会評論社)
  黒田伊彦さん(参戦と天皇制に反対する連続行動)
  吉田宗弘さん(反戦反天皇制労働者ネットワーク)
◇参加費(資料代含む) 1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
◇主催 参戦と天皇制に反対する連続行動

来年5月、伊勢志摩で世界の戦争屋7か国(米、英、独、日、仏、伊、加)首脳のサミットが開かれる。「イスラム国」などを対象とした反テロ世界戦争など混とんとする事態が議題で、世界を自らに都合よく支配するためだ。会場は安倍晋三首相肝いりの伊勢志摩である。安倍は、天皇の祖先神をまつる伊勢神宮を「日本の素晴らしさを発信する場所だ」「各国首脳とともに訪問したい」と語った(産経ニュース10月11日)。これは明らかに伊勢神宮の政治焦点化だ。
伊勢神宮は「日本国の象徴」である天皇の祖先神を祭ることで、あたかも「公的な性格」をもっているがごとく「扱われ」ている。恒例になった歴代首相の仕事始め(1月4日)の参拝はそれを端的に示し、G7首脳が参拝するなら「国家の神宮」になりかねない。それは天皇制軍国主義の精神的支柱への道である。戦争の時代に入ったいま、こうした安倍のたくらみは危険極まりない。徹底的に討論し、反対の声を大きくあげたい。多くの参加を呼びかけます。

 参戦と天皇制に反対する連続行動   
  大阪市淀川区十三東3-16-12 
 Tel/Fax  06 (6303) 0449

*12・23集会に賛同を。
賛同費は個人・団体とも1000円。「12・23」集会と明記を
   郵便振込 00900-8-168991  口座名称 反戦反天皇制労働者ネットワーク(2015年11月13日)


CML メーリングリストの案内