[CML 040778] なんで甲状腺がんになってしまった被害者側が、加害者側に根拠を示さなきゃならないの?11/16〜11/20週刊誌

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2015年 11月 24日 (火) 00:01:36 JST


なんで甲状腺がんになってしまった被害者側が、加害者側に根拠を示さなきゃならないの?11/16〜11/20週刊誌


転送転載歓迎

京都の菊池です。

室井佑月さんの
週刊朝日での連載コラム「しがみつく女」に、

先週は

「いったい誰がなんのため?」
と題した中で、
下記を書いておられました。

・・・
先々週、岡山大の津田敏秀教授らのチームが国際環境疫学会に発表した論文を、このコラムで取り上げた。
 教授らは、福島県が原発事故当時18歳以下だった約37万人を対象にした昨年末までの甲状腺検査の結果を分析、甲状腺がんの年間発祥率は事故前の日本全体と比べ、20〜50倍だったというもの。

 このことについて、

津田教授は「被曝したため」と断言したが、

別の疫学専門家は、「結論は時期尚早」といっている

との記事(共同通信)


 結論は時期尚早って、意味がわからん。
だからあたしはコラムに、
「病気になってしまった人たちに『被曝の影響との科学的な根拠は?』という人たちには、
逆に『絶対に被曝のせいではないという科学的な根拠をあげよ』というのだ」
と書いた。
すると、
変な人たちがかなりの人数で反応し、
「室井は無知。悪魔の証明を知らないのか」
「根拠をあげよという、おまえが先に根拠をあげよ」といいだした。

 あのさ、「根拠をあげよ」って、
あたしは大学教授が国際環境疫学会に論文を発表したという記事を引用し、そのことについて書いたんだよ。
 それに、馬鹿いうんじゃない、
なんで甲状腺がんになってしまった被害者側が、加害者側に根拠を示さなきゃならないの? 
自分らがいかに酷いことに加担しているか、なぜ気づかない?
 こういうことをいいだす人々は、いったい誰トクで動いているんだろうか。
 まったくわからん。わかっていることはこういう人たちが一定数を保ち、いつの間にか十数年前と、世の中の空気がガラリと変わってしまったこと。
 あの頃は大手メディアが首相に対し、「鮫の脳みそ」「ノミの心臓」などといいたい放題であった。今は絶対に出来ないことだ。逆にBPOに対し、政治家がクレームをつけるまでになってしまった。
 そういった空気の違いに、我々はもっと敏感になりべきだ。いったい誰が、なんのためそうしてる?
これが「ナチスの手口」っていうやつなのかも。

ということを主張されました。


テレビ、新聞が
原発事故被害、原発の問題、被曝について
ほとんどとりあげなくなったなか、

週刊誌は
取材記事を
掲載し、報道し各誌でつないできています。今も。

2015/11/16月曜〜11/20金曜の週も報道し、つ
なぎました。


それも含め大事と思った記事を紹介します。

11/16月曜
AERA11/23号
68ページ
桐島瞬さんが取材した
「再処理もってのほか
たまり続ける日本のプルトニウム」

週刊プレイボーイ
11/30号
48ページ
渡瀬夏彦さんによる辺野古についての記事

(2015年11月19日
※追記あり※【拡散希望】週刊プレイボーイ最新号必読「辺野古新基地建設が不可能なこれだけの理由」。
 ノンフィクションライター 渡瀬夏彦
http://watanatsu.ti-da.net/e8143607.html

機動隊員による集団暴行も! 辺野古新基地建設現場で警察官が漏らした本音とは…
週プレNEWS 11月20日(金)11時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151120-00056934-playboyz-pol

ブログタイトル渡瀬夏彦の「沖縄 チムワサワサ 日記」
ブログURLhttp://watanatsu.ti-da.net/


渡瀬夏彦の「沖縄 チムワサワサ 日記」 - にほんブログ村
http://www.blogmura.com/profile/00451677.html
参照ください)


33ページカラーグラビアには
ゲート前に投入された警視庁機動隊のこと


11/17火曜日
週刊朝日11/27号


34ページ
昭和からの遺言第五部森村誠一さん
は、戦争と今について語りました。

42ページに冒頭に書いた
「いったい誰がなんのため?」

47ページ
映画「みんなのための資本論」を紹介


サンデー毎日11/29号は

38ページのコラムが
首相官邸前でのアレン・ネルソンさんを題材にした一人芝居のこと
42ページ萩原博子さんのコラム
幸せな老後への一歩は、今回
総額3600億円のオシプレイが、役立たず!?
を書きました。

43ページのコラムは
辺見庸さん著の1★9★3★7について

58ページは連載中のなかにし礼さん「夜の歌」

11/19木曜
女性セブン12/3号

42ページ

年金が「たった3か月で10兆円」減っていた

はとても大事な記事だと思いました。

ウェブにも掲載されました。

年金積立金をギャンブル投資の安倍政権 3か月で10兆円消える
NEWSポストセブン11月19日(木)11時0分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1119/sgk_151119_4726040535.html


98ページの
CINEMABOX

映画「さようなら」を紹介

原作の平田オリザさん戯曲は2010年に書かれたものですが
国策東電の原発事故後とつながるものがあるとのこと


105ページ
木村草太さん著「日本国憲法小学館」の紹介



週刊漫画ゴラク
12/4の282ページ
北川れい子さんも映画紹介で「さようなら」を取り上げています。


月刊誌
創12月号(毎月7日発行)
72ページ森達也さんは連載コラムで
二つの映画祭と題して
主に二つの映画
「銀の水―シリア・セルフレポート」
「A2完全版」
のことについて書いています。

NHKラジオ深夜便
12月号
64ページむのたけじさん
27ページ熊谷晋一郎「誰もが生きていける社会を目指して」


最新号のご案内|DAYS JAPANについて|DAYS JAPAN
2015年12月号
http://www.daysjapan.net/about/index2.html

が

特集:愛媛県・伊方原発
逃げられないのに なぜ再稼働なのか!
 県指定危険箇所418
 佐田岬半島住民5000人は逃げられるのか検証
 話/阿部悦子(前愛媛県議会議員)、草薙順一(伊方原発をとめる会事務局長、弁護士)
 写真/広河隆一


●事故5年目を迎える福島

原発事故が奪った村
 写真・文/アロカディウス・ポドニエンスキー
を載せています。

そのほか
●加害者は誰か?

パレスチナの蜂起が意味するもの
 文/岡真理
 写真/AFP=時事プレスフォト、アナドル・エージェンシー/
 時事プレスフォト
 ロイター/アフロ、AP/アフロ


●辺野古に基地は造れない

話/北上田毅(沖縄平和市民連絡会、ヘリ基地反対協抗議船船長)
 写真/広河隆一


もぜひお読みください


「通販生活」も11/15に
2015秋冬号を発行。
大切な記事がいっぱいです。

週刊誌は今週は火曜から最新号に順次入れ替わっていきます。
書店や図書館で機会があればご覧ください。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)










































































CML メーリングリストの案内