[CML 040746] 11/22(日)~23(月・休)「ドゥルーズ没後20年シンポジウム  反時代的な未来のために」@早稲田大学小野記念講堂

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 11月 21日 (土) 23:37:27 JST


紅林進です。


フランスの哲学者ジル・ドゥルーズの没後20周年にあたり、
明日11月22日(日)と明後日23日(月)に早稲田大学で
下記シンポジウムが開催されます。
入場無料、事前予約等は不要とのことです。
以下、ご案内を転載させていただきます。

(以下転載)

■「ドゥルーズ没後20年シンポジム 反時代的な未来のために 
Vingt ans apres la mort de Deleuze : pour un avenir intempesti
 
早稲田大学総合人文科学研究センターでは、11月22日・23日に
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム
「ドゥルーズ没後20年シンポジム 反時代的な未来のために 
Vingt ans apres la mort de Deleuze : pour un avenir intempestif」を
開催いたします。
入場無料、事前予約等は不要です。
このテーマにご興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけま
すので、ご来場をお待ちしております。
詳細は以下のとおりです。

【日時】2015年11月22日(日)、23日(月)10:00~18:50
【会場】早稲田大学小野記念講堂
     交通アクセス http://flas.waseda.jp/rilas/access/
     キャンパスマップ http://flas.waseda.jp/rilas/wp-content/uploads/sites/6/2015/08/69c8aff1878dc00336d82785b8fbd682.png
【プログラム】
11月22日(日)『ドゥルーズと政治』
10:00-12:00  鹿野祐嗣(早稲田大学・日本学術振興会特別研究員DC2)「革命的アナーキズムの存在論、あるいは存在論的な革命のアナーキズム―60年代のドゥルーズ哲学について―」
13:00-15:00    廣瀬純(龍谷大学)「共通概念と場」
15:10-17:10     小泉義之(立命館大学)「ドゥルーズのポスト・デモクラシー―来たるべき民衆と来たるべき領土」
17:20-18:50     
 共同討議・質疑応答 司会=藤本一勇(早稲田大学)
11月23日(月・祝)『ドゥルーズの記憶と未来』
10:00-12:00     江川隆男(立教大学)「ジル・ドゥルーズの基本概念について」
13:00-15:00    鈴木泉(東京大学)「ドゥルーズ哲学を要約するかもしれない二、三の定式について―ドゥルーズは哲学に本当のところ何を寄与したのか」
15:10-17:10     宇野邦一(立教大学)「「器官なき身体」の過程」
17:20-18:50    共同討議・質疑応答 司会=藤本一勇(早稲田大学)
【主催】文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の人文学と東アジア文化圏-東アジアにおける人文学の危機と再生」
早稲田大学文化構想学部表象・メディア論コース
早稲田大学文学部哲学コース
【備考】・入場無料、事前予約不要
以上

チラシ http://flas.waseda.jp/rilas/wp-content/uploads/sites/6/2015/11/8414d9e100d98b5d67198aab1ca3dcd2.pdf


CML メーリングリストの案内