[CML 040705] 韓国検察、朴裕河を名誉毀損罪で起訴

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2015年 11月 19日 (木) 23:25:25 JST


前田 朗です。
11月19日

朝日新聞夕刊に掲載されています。

韓国検察、「帝国の慰安婦」著者を在宅起訴 名誉毀損罪
http://www.asahi.com/articles/ASHCM347THCMUHBI00Y.html

韓国刑法についての知識がないため、ちゃんとしたコメントはできません。

感想のみ。

『帝国の慰安婦』は、歴史の記録と創作の違いを無視したデタラメ本です。

日本の責任逃れに加担する「韓国版歴史偽造」の朴裕河に対する批判は必須不可
欠です。

世界の植民地解放闘争に対する侮辱本ですから。

朴裕河が、自分の本が日本で評価されたと自慢しているところが凄いところです。

なお、朴裕河の本については下記参照。

植民地解放闘争を矮小化する戦略――朴裕河『帝国の慰安婦――植民地支配と記憶の
闘い』
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/07/blog-post_13.html





CML メーリングリストの案内