[CML 040562] 「同性婚」弁護士夫夫...新書だよ なんもり事務所・南和行

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 11月 10日 (火) 08:57:28 JST


*「同性婚−−私たち弁護士夫夫(ふうふ)です」
<http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/07/doseikon_n_7741432.html> 南和行
<http://ameblo.jp/minamikazuyuki> 祥伝社新書*

逮捕されたときに、わざわざ大阪から接見に来たというのは知ってたけど、*ろくでなし子*さん裁判
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/40814b4b1dcc4c765256661bfaf11122>
の報告会のときに、初めて見かけた。

なんだか嬉しくなって、帰り際に「わざわざ関西から駆けつけてらっしゃるのですね」と声をかけてしまった。

その南和行 <http://ameblo.jp/minamikazuyuki>弁護士が、みずから実践する同性婚についての記録と法律研究。

性的マイノリティーの人たちを表す「LGBT」(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は、多数派から勝手な決め付けをされる。たとえば「同性婚のひとたちが養子を貰うと、子どもが不幸だ」という、とんでもない言葉が弁護士の口からでてくる。思いやりを持ってるつもりで、鋳型に嵌った家族以外は切り捨てる態度に腹がたつ。

そういう決めつけのなかで少年時代を過ごし、大人になっても隠さなければならない様子が痛々しい。そして、しだいに家族関係も含めて乗り越えていく様子が感動的。

ふたりで開いている*「なんもり法律事務所」 <http://www.nanmori-law.jp/>*、いいなあ。

------------- 目次 ------------

第1章 *私たち弁護士夫夫です*(「日本で同性婚ができない」とは、どういう意味なのか;出会いと交際の開始 ほか)

第2章 *同性愛者からの法律相談*(同性愛者からの法律相談とアウティング;同性カップル間のトラブル ほか)

第3章 *結婚・家族とは何か*(法律が考える結婚とは何か;法律は愛情も保護している ほか)

第4章 *同性婚と憲法24条*(同性愛者の権利を人権問題と認識すること;国際的人権問題としての取り組み ほか)


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内