[CML 040530] 11/13(金)緊急集会「TPP協定文リリースを受けて〜このまま「批准」させてはならない!」@連合会館(御茶ノ水)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 11月 8日 (日) 00:22:19 JST


紅林進です。

11月13日(金)に東京・御茶ノ水の連合会館で開催されます、
下記緊急集会のご案内を転載させていただきます。

(以下転送・転載歓迎)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃★緊急集会★〜TPP協定文リリースを受けて〜
┃   このまま「批准」させてはならない!
┃http://www.parc-jp.org/freeschool/event/151113.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
 2015年9月30日から米国・アトランタでのTPP閣僚会合にて
出された「大筋合意」。その後約1ヵ月の期間を経て、
11月5日、TPP協定文のとりまとめ国であるニュージーランドは
政府のウェブサイトにてTPP協定全文と付属書を公表しました。
協定文だけで約1000ページ、付属書なども入れるとなんと6000ページを
超える膨大な文書です。協定文の公表直後から、各国の市民社会は様々な
分野での問題点や懸念を次々と表明しています。

 一方、日本政府はニュージーランドの公表と同日「TPP協定の全章概要
(日本政府作成)」「附属書等」「TPP交渉参加国との交換文書概要
」
等の文書を公表しました。
しかしこれは原本である協定文そのものの日本語版ではなく、
日本政府による「抄訳」であり、分量だけでいっても英文では
1000ページある協定文が日本語協定文は96ページに圧縮されています。
これでは私たちはTPPの全体像を知らされているとは言えません。
またすでに中身についても様々な点で懸念と疑問が挙げられています。

 今回公表されたTPP協定文にはどのような問題があるのか。
また今後の国会批准の動きはどうなっていくのか――。
協定文の詳細な分析には時間を要しますが、
まずは多くの皆さまと問題意識を共有し、
これからの運動を拡大していくために、
下記のとおり緊急集会を開催します。

●日時:2015年11月13日(金)18:30〜
21:00(開場18:00)
●会場:連合会館203会議室(JR御茶ノ水駅、地下鉄新御茶ノ水駅下車)
       東京都千代田区神田駿河台3-2-11
       地図 http://rengokaikan.jp/access/
●参加費:500円

●発言者:山田正彦(元農林水産大臣、TPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長)
     首藤信彦(TPP阻止国民会議事務局長)
     内田聖子(アジア太平洋資料センター事務局長) ほか

●主催:NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
     http://www.parc-jp.org/ 
●お申し込み、問い合わせ先:
TEL.03-5209-3455
E-mail :office at parc-jp.org


CML メーリングリストの案内