[CML 040527] 生きる価値がない生命は抹殺せよ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2015年 11月 7日 (土) 22:40:49 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 アードルフ・ヒトラーやナチスドイツを高く評価する日本人はかなりいます。

 「ヒトラーは決断力のある指導者だった」、「ナチスドイツでは完全雇用が実
現し、貧困がなくなった」、「世界で最も社会保障が整備された国家だった」、
「ドイツ人は皆希望に燃えていた」、「ロハスな社会だった」と。

 完全雇用、充実した社会保障、ロハスな社会を享受できたのは、「純粋アーリ
ア人種」と規定された「純血」ドイツ人だけでした。ユダヤ人は排除されました。

 しかし「「純粋アーリア人種」であっても、精神障がい者であったり、難病に
かかっていた者は、「国家、民族共同体に害を与える有害分子」として、抹殺さ
れました。

 ユダヤ人大虐殺を始める前、ナチスドイツ政府は、20万人にも及ぶ精神障が
い者や難病の患者を虐殺したことが、最近になって明らかになりました。「生き
る価値がない劣等分子」とされた精神障がい者や難病患者を殺害した事によって
得たノウハウが、ユダヤ人大虐殺に使われました。

 「国家、社会の役に立たない者は抹殺せよ。そうすれば優秀な人間を増やすこ
とができる」と主張した社会的ダーウイン主義を国策にしたナチスドイツの障が
い者虐殺の事実に迫ります。

 NHK教育
 ETV特集
 「それはホロコーストの"リハーサル"だった〜障害者虐殺70年目の真実〜」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/151107.html

放送日:11月7日
放送時間:23時〜
再放送:11月14日 0時放送(金曜深夜)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内