[CML 040497] 11/22(日)シンポジウム「働いても食べていけない!? 日韓“たすけあい”最新事情」@東京労働会館(ラパスホール)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2015年 11月 6日 (金) 00:06:27 JST


紅林進です。


11月22日(日)に東京・大塚の東京労働会館(ラパスホール)で開催
されます下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)

シンポジウム「働いても食べていけない!?
 日韓“たすけあい”最新事情」

日本でも貧困が広がっていることが指摘されて久しい。
新聞記事やテレビ番組でも「多様な貧困」が語られ、「解決」のための「多様な支援」が語られる。
だが、現実に生活に困窮している人たちが直面している「生活するお金がない」という現実には、必ずしも十分に答えていないように思われる。

そこで、私たちは、生活に困っている人に、具体的にお金を渡すという運動が必要だと考えた。
それを、人々の「たすけあいネットワーク」としてつくってきた。
そして、その運動のアイデアは国境を越えて韓国の若者たちの運動につながった!
このシンポでは、日本と韓国の貧困の現実と、
それを乗りこえる「たすけあい」のネットワーク運動の取り組
 みを日韓両国の若い報告者から受けて多くのみなさんと新しい社会のあり方について議論したい。


日時: 11月22日(日)14:00~17:00(開場13:45)
会場: 東京労働会館7F ラパスホール
          JR山手線大塚駅(南口)下車、徒歩5分
     地下鉄丸の内線新大塚駅下車、徒歩7分
          地図 http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/gyojimap_rapasuhoru.htm
参加費:300円(反貧困たすけあいネットワーク会員は無料)
主催:反貧困たすけあいネットワーク

+++++

◆プログラム◆

第一部 
 14:00~15:15
日韓ワーキングプアの実態

【報告】
,垢阿修个砲△襦嵒郎ぁ廖15分)
大西 連(認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい理事長)

⊆禺圓力働と貧困(15分)
神部 紅(首都圏青年ユニオン委員長)

4攅颪亮禺圓良郎い亮詑屬叛椎連帯銀行の活動(45分)
イ・へジン(トダクトダク協同組合 事務局長)
キム・スビン(トダクトダク協同組合 創立初期からのメンバー)

~休憩10分~

第二部 15:25~17:00
シンポジウム「働いても食べていけない!? 日韓“たすけあい”最新事情」

,燭垢韻△ぅ優奪罰萋以鷙

▲僖優襯妊スカッション
<コーディネーター> 河添
 誠(反貧困たすけあいネットワーク代表運営委員)

<パネラー>
・大西 連(認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい 理事長)
・神部 紅(首都圏青年ユニオン 委員長)
・イ・へジン(トダクトダク協同組合 事務局長)
・キム・スビン(トダクトダク協同組合
 創立初期からのメンバー)

+++++

※トダクトダク協同組合(青年連帯銀行)は2013年2月23日、「反貧困たすけあいネットワーク」をモデルにして、韓国で誕生。
“トダクトダク”とは、日本語に訳すと“トントン”。若者たちが、お互いを励まし合いながら背中をトントンとたたく姿をイメージしてつけられました。

「若者のためのオルタナティブなセーフティネット」
夢多き若者たちの連帯銀行「トダクトダク協同組合」は、若者が自らつくってゆく金融生活協同組合であり、若者のためのオルタナティブなセーフティネットです。

低賃金で不安定な労働状況に置かれている若者の、生活安定の一助となる相互扶助事業の新しい試みとして始められたトダクトダク協同組合は、一
 年間の準備期間を経て、2013年2月23日に設立し、本格的な活動を始めました。

主な活動として、若者の生活安定と共同体形成のため、金融協同と才能・生活協同という2つの活動を行っています。

一つめの金融協同は、若者が自ら出資金を集め、生活に必要な緊急生活資金を貸出すシステムです。

これを通して、自身のみならず、他の若者への支援にもつながり、協同の精神を学ぶことができます。
また、財務相談と貯蓄事業も並行して行います。
貸出を受けた若者の生活が根本的に安定するよう、財務管理と人生設計を支援し、貯蓄の楽しみも感じられるよう設計されています。

二つめのシステムである才能・生活協同は、生活に必要な人的・物的支援を提供します。
お互いの才能を
 分け合い、生きてゆくのに必要な経済的費用を節約する効果と共に、共同体意識を広げることのできるシステムです。

金融協同と才能・生活協同は、組合員間の、多様な共同体活動を奨励する好循環を生み出します。
才能・生活協同や組合員活動に参加するごとに、「トダクトダクの種」と呼ばれるポイントを発行し、この「種」は貸出の際の基準になります。

これ以外にも、若者に必要な様々な企画・講座やサークル活動を行い、現在は260名の組合員と2000万ウォン(約180万円)の出資金が集まり、活発に活動しています。
(トダクトダク協同組合:チョ・クムトゥク)


【トダクトダク協同組合の会費コースと貸出規定】
▼会費コース
一口5000ウォン(約450円)。毎月、1口~最大10口ま
 で収めることができる。

▼貸出規定
一般貸出:6カ月以上の組合費を納め、5ポイント以上の「トダクトダクの種」を取得した組合員に50万ウォン(約45000円)まで貸出。
緊急貸出:6カ月以上の組合費を納めていなくとも、必要と認められた場合、暖房費や病院費など20万ウォン(約18000円)まで貸出。

翻訳:米川智恵子
(反貧困たすけあいネットワーク2012 活動報告書より引用)


◆お問い合わせ◆
反貧困たすけあいネットワーク
170-0005 東京都豊島区南大塚2-33-10
東京労働会館5F 首都圏青年ユニオン気付
TEL:03-5395-3807 Mail: main at tasukeai-net.org
ホームページ: http://www.tasukeai-net.org/


CML メーリングリストの案内