[CML 040493] 伊方原発再稼働を止めるための緊急カンパ

nishihansen at yahoo.co.jp nishihansen at yahoo.co.jp
2015年 11月 5日 (木) 20:41:27 JST


高松の西川あるみさんです…

11月1日のSTOP! 伊方原発再稼働松山集会にていただいたチラシの内容を転載します。
再稼働阻止全国ネットワークhttp://saikadososhinet.sakura.ne.jp/rn/ よりの
お願い文です。

以下、転送・転載歓迎

川内原発に続く伊方原発の再稼働を止めるための緊急カンパのご協力をお願いいたします。

 国・規制委員会と九州電力は10月15日、川内原発1号機に続き、より老朽化して危険な
2号機の再稼働を強行しました。桜島・口永良部島・阿蘇山など九州南部の火山が噴火を
続け、多くの火山学者、地震学者たちの警告を無視し、地元住民の不安・反対の声を押し
切った暴挙です。
 さらに、伊方原発3号機について、9月28日に四国電力が「工事計画」「保安規定」認
可補正申請書を規制委員会に提出しました。規制委員会は、住民の生命や財産を守るため
避難計画など地域防災計画については規制の対象にせず、避難計画が不十分なまま再稼働
を認めています。規制委員会は、さらに高浜原発に対する司法判断を無視して再稼働手続
きを進めています。安倍政権が、住民の命と生活を守る責任を投げ捨て、原発利権と戦争
への道へとひた走っていることが一切の元凶です。
 これに対し、再稼働阻止ネットは、8月には、川内原発の再稼働を止めるために「九電
にボタンを押させない」行動を呼びかけ、皆さんの寄金で全国から多数の参加を実現しま
した。川内原発の再稼働強行にも、参加者はさらに怒りを強め、闘い続けることを誓い合
いました。今もなお川内現地ではテントを張り直し、2号機の再稼働にも屈せず闘いつづ
けています。さらに伊方原発再稼働に反対する11・1全国集会と現地行動、高浜原発再
稼働を許さない行動が準備されています。(注…もう終わりました)
 これらの行動を、全国の力で成功させるためには、皆さまの寄金が頼りです。サポータ
ー会員として、また緊急カンパへのご協力を、よろしくお願いいたします。

個人会費:3000円・団体会費:5000円(15年4月~16年3月31日の年会費)
FAX 03—3238-0797(再稼働阻止全国ネットワーク宛)
振込先 ゆうちょ銀行00110-0-688699 加入者名 再稼働阻止ネットワーク

 また、原子力規制委員会への抗議行動も提起されています。

 再稼働反対・脱原発を訴える多くの皆さん、東京では、規制委定例会議が行われる毎週水
曜日の昼休みに、六本木ファーストビル前で規制委抗議行動が行われています。
 四国にも八幡浜市に規制事務所があります。是非抗議の声を届けてください。

原子力規制委員会(東京)または原子力規制事務所(八幡浜)に抗議の声を!
(抗議先)
〇原子力規制委員会 
 〒106-8450 東京都港区六本木1丁目9番9号
 ℡:03-3581-3352(代表)

〇八幡浜原子力規制事務所
 〒796-0048 愛媛県八幡浜市北浜一丁目3番37号(愛媛県八幡浜庁舎6階)
 ℡:0894-23-2215
 FAX:0894-23-2237

以上です。



CML メーリングリストの案内