[CML 040465] 第27回多田謡子反権力人権賞受賞者が決定。

久下格 kuge_on_cml at aoisora.org
2015年 11月 4日 (水) 11:03:59 JST


--------
  国労組合員の久下です。レイバーネットと cml に投稿します。

  29年前に夭折した多田謡子弁護士の遺産をもとに、友人たちで運営
している多田謡子反権力人権基金が、第27回の受賞者を決定し12月
19日に受賞発表会を行います。文書を抜粋して転載いたします。たく
さんの方のご参加をお待ちしています。

  基金についての詳細は下記サイトでごらんになれます。

http://tadayoko.net

-------------------------------------------------
1.第27回多田謡子反権力人権賞受賞者の決定

  2015年10月下旬の運営委員会において、14団体・個人の推薦
候補者の中から下記の方々が第27回受賞者に決定されました。受賞者
の方々には多田謡子の著作「私の敵が見えてきた」ならびに賞金20万
円が贈呈され、12月19日(土)の受賞発表会で講演していただきま
す。
● 斉間淳子さん   (伊方原発反対の闘い)
● 方清子(ぱんちょんじゃ)さん 
                  (日本軍「慰安婦」問題解決のための闘い)
● 山城博治さん   (沖縄における平和運動)

2.受賞発表会の開催

  受賞者の皆さんをお迎えして、12月19日(土)、東京・連合会館
において受賞発表会を開催します。受賞者の方々には講演をお願いして
います。本年も多数の皆さんのご参加をお待ちしております。 

(1)日時  2015年12月19日(土)
            午後2時から5時まで
(2)会場  東京都千代田区神田駿河台3−2−11
            連合会館2階201号室(参加費無料)
            TEL 03−3253−1771
(3)議事  1. 活動経過報告
            2. 選考経過の報告
            3. 受賞者の講演

3.受賞者を囲むパーティー 
  
  受賞発表会の終了後、引き続き同じ会場で、受賞者を囲んで懇親会を
開催します。参加費は無料です。パーティーのみのご参加も歓迎いたし
ます。(午後5時から7時を予定)

-----------------------------------------------
第27回多田謡子反権力人権賞受賞者選考理由

● 斉間淳子さん   (伊方原発反対の闘い)

 斉間淳子さんは、伊方原発から直線距離で約10kmの八幡浜市に
居住し、1981年9月におきた伊方原発近海での魚の大量死をきっ
かけに、子どもたちを守りたいという気持ちから、原発反対運動を始
めました。チェルノブイリ原発事故後の1988年2月、四国電力が
伊方原発の出力調整実験を行うことを発表したのに対し、斉間さんが
中心となって「八幡浜・原発から子どもを守る女の会」を結成し、伊
方町へのビラ入れや反対署名を繰り広げ、全国的な反対運動の広がり
を地元で支えてきました。
 地元で反対運動を続ける斉間さんに対しては、匿名の人物からの脅
迫電話や嫌がらせの手紙、ニセ注文などの卑劣な嫌がらせが続けられ
ましたが、斉間さんはこれに屈することなく闘いを続け、現在も、伊
方原発3号機再稼働反対運動の中心的存在となっています。安倍政権
と原発推進派が、川内原発に続き伊方原発3号機の再稼働を目論み、
今後も厳しい状況が予測される中、さらなる闘いの継続と昂揚に期待
して多田謡子反権力人権賞を贈ります。

● 方清子(ぱんちょんじゃ)さん 
                  (日本軍「慰安婦」問題解決のための闘い)

 日本軍「慰安婦」問題解決・関西ネットワーク(関西ネット)の共
同代表である方清子さんは、日本でまだ「慰安婦」問題が広く知られ
ておらず、取り組みもなかった1990年代はじめから、在日の女性
としての主体性をかけて、日本軍「慰安婦」問題解決のために闘って
こられました。2009年に結成された関西ネットは、政府に誠実な
対応を求める自治体意見書運動や毎週水曜日の大阪駅前デモ、被害者
自身を迎えての集まりなど、様々な闘いを取り組んでいます。
 困難の中で立ち上がった被害者と支援団体は、日本政府が国の関与
を明確に認め、謝罪し、賠償することなどを求めていますが、安倍政
権は歴史を歪曲する動きを強め、「慰安婦問題は法的に解決済み」と
して、日本政府の責任を否定し続けています。
 在特会など右派勢力による差別的言辞の横行や暴力的な妨害など、
日本社会に拡大する排外的土壌のなかで、困難に立ち向かい、戦時性
暴力の連鎖を断ち切るために闘い続ける方清子さんに、心からの連帯
と、共に闘う決意を込めて多田謡子反権力人権賞を贈ります。

● 山城博治さん   (沖縄における平和運動)

 サンフランシスコ講和条約で沖縄が米国に売り渡された1952年、
山城博治さんは米軍基地が集中する沖縄中部の旧具志川市に生まれま
した。「銃剣とブルドーザー」と象徴される軍事基地が沖縄の人々に
与えた数々の苦渋を肌で感じながら、米軍政府、さらに日本政府の国
策と向き合ってきました。沖縄県職員として、日本政府の「日の丸・
君が代」強制と闘い、その後沖縄県平和運動センター事務局長として
反基地闘争の最前線に身を投じ、新たな基地建設阻止のために奔走し
奮闘する日々を送っています。
 東村高江のヘリパッド建設工事阻止の闘い、オスプレイ配備阻止の
ための普天間基地ゲート4日間の座り込み完全封鎖。そして今まさに、
日本政府が新基地を建設しようしているキャンプ・シュワブ(辺野古)
ゲート前、そこには常に山城さんの姿があります。
 山城さんのリーダーシップのもと、辺野古では市民と労働者が自主
的に集い、信頼と友情による新たな島ぐるみの連帯を生み出していま
す。悪性リンパ腫との闘いにも勝利して、辺野古ゲート前に立ち続け
ることを期待して、多田謡子反権力人権賞を贈ります。
 ----------------------------------------------------

----------------------------
久下  格  http://aoisora.org/


CML メーリングリストの案内