[CML 040448] イスラエルによるパレスチナ人の臓器略奪は継続中

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2015年 11月 3日 (火) 08:43:21 JST


檜原転石です。

入植者のパレスチナ人に対する放火殺人も自宅軟禁だけで済むというテロ国家イ
スラエル。国家ぐるみで人種差別と土地泥棒を推進しているわけだから、正邪の
価値観は転倒しているわけだ。

よってテロ国家イスラエルで臓器略奪のような犯罪があっても不思議ではない。

イランラジオニューズの6年前の記事──
「占領者は常に、犯罪行為や堕落とともにあります。その一方で、占領者は世界
の大国の支持を受けているとき、占領下にある人々に対し、あらゆる種類の犯罪
や破壊行為に手を染めています。この状況は現在、シオニスト政権イスラエルに
関して、完全に当てはまります。・・・」

そして以下が最新のニューズ──

▼2015/11/02(月曜) 22:19
イスラエルが、パレスチナ人の殉教者の臓器を摘出

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/59448-イスラエルが、パレス
チナ人の殉教者の臓器を摘出

パレスチナの医療筋が、衝撃的な報告の中で、シオニスト政権イスラエルが殉教
したパレスチナ人の遺体の臓器を摘出していることを明らかにしました。

ニュースサイト、パレスチナアルアンによりますと、パレスチナ各地で行われた
医学的な検査の結果、シオニスト政権が、殉教したパレスチナ人の遺体をその貴
族に引き渡す前に、遺体の臓器の一部を摘出していることが明らかになりました。
パレスチナの医療筋はまた、パレスチナ人の殉教者の体には一部の傷が見られ、
検査の後、シオニスト政権が対イスラエル抵抗運動・インティファーダで殉教し
たパレスチナ人の若者の臓器を摘出していることが分かっていると報じました。
パレスチナ人はこのイスラエルの行動を非難し、同政権の処罰を求めています。
イスラエルは、31日土曜夜、ヨルダン川西岸・アルハリールで殉教したパレス
チナ人5人の遺体を遺族に引き渡しましたが、まだ、12人の殉教者の遺体を引
き渡していません。
今年10月から始まったインティファーダにより、現在まで、パレスチナ人74
人が殉教しており、他多数が負傷し、又は身柄を拘束されています。


▼2009/09/10(木曜) 02:48
イスラエルによるパレスチナ人の臓器略奪
http://japanese.irib.ir/news/最新の話題/item/8868-イスラエルによるパレス
チナ人の臓器略奪

占領者は常に、犯罪行為や堕落とともにあります。その一方で、占領者は世界の
大国の支持を受けているとき、占領下にある人々に対し、あらゆる種類の犯罪や
破壊行為に手を染めています。この状況は現在、シオニスト政権イスラエルに関
して、完全に当てはまります。この政権は1948年にパレスチナの占領を開始して
から、パレスチナ人の鎮圧と殺害を行っており、数十万人が難民となっていま
す。そのときから、シオニストは、恐怖を作り出すことで、パレスチナ人の権利
を求める声を冷酷に握りつぶしてきました。悲劇的かつ卑怯な大虐殺、罪のない
女性や子供の殺害、パレスチナ人の大規模な虐殺、パレスチナ人の拘束と拷問、
さまざまな鎮圧が、イスラエルが通常的にパレスチナ人に対して行っている事柄
です。

Â

国際社会の沈黙・無反応、西側の政府によるイスラエルの犯罪への支持、この犯
罪を正当化するための国際関係の利用は、イスラエルが新たな犯罪に手を染める
原因となっています。最近、スウェーデンの新聞、アフトン・ブラーデッドがあ
る記事の中で、イスラエル軍がパレスチナ人の臓器を売却していることを明らか
にしました。こうした中、アメリカでは、臓器密売にユダヤ教のラビが属するシ
ンジケートが関っていたことが明らかにされています。週刊誌アメリカン・フ
リープレスは、この措置は、人間の臓器密売に関する世界的な陰謀の一角であ
り、その中心はパレスチナにあり、費用は、『イスラエル国立健康計画』という
機関によってまかなわれている、と伝えています。

Â

アメリカン・フリープレスは、さらに、世界で、孤児救済プロジェクトを隠れ蓑
に、子供たちが拉致され、主要な臓器が摘出された後、その遺体を焼いている、
としています。多くの人の心を痛ませる、このような凶悪犯罪は、明らかに、犯
罪行為を常に行い、利益を追求するために、非人道的な行為をも辞さない人々に
よって行われています。その一方で、臓器密売で訴えられた、イスラエルの退役
軍人の一人は、ブラジルの法廷で、「イスラエルは国内の病人のために臓器密売
が行われていることを知っており、全ての取引にかかる費用は、国立衛生計画が
負担している」と証言しています。

Â

アメリカでユダヤ教ラビ数名が、臓器密売を行っていたことが明らかにされた
後、アフトンブラーデッド紙の記者は、これに関する情報をこの新聞の中に掲載
しました。これは書籍の形でも出版されました。彼は、『彼らは私たちの子供た
ちの臓器を奪っている』というタイトルの記事の中で、次のように書いていま
す。「イスラエル人は、ヨルダン川西岸とガザ地区で、パレスチナ人の若者を拉
致し、殺害して臓器を取り出した後、遺体を彼らの家族に引き渡している。この
犯罪行為は、1990年代の始めに保健大臣を務め、後に首相となった、オルメルト
の指示によって、パレスチナ人の臓器を盗むために、開始された。実際、シオニ
ストはこの種の犯罪を1988年のパレスチナ人による対イスラエル抵抗運動・イン
ティファーダの時期から始めた」

Â

このスウェーデンの記者は、パレスチナ人の犠牲者20名の家族にインタビューを
行い、彼らの子供の遺体が、殉教後に、シオニストによって盗まれ、その臓器が
摘出されていた強い可能性があると強調しています。彼自身、こうした出来事の
一つを目撃しています。この記者は、記事の中で、あるパレスチナ人が、1992
年、イスラエル軍によって負傷させられ連行されたことについて触れています。
イスラエル軍は、数日後、家族に彼の遺体を引き渡しましたが、彼の腹部にはメ
スを入れた跡がありました。イスラエル軍は遺体を引き取るのに、1300ドルさえ
も要求してきました。スウェーデンの記者は、彼の遺体の写真を撮り、それを公
表することに成功しました。

Â

スウェーデンの記者が述べているように、このパレスチナ人の若者は、臓器を売
られた唯一の犠牲者ではありませんでした。このほかにも2人のパレスチナ人の
家族が、この記者のインタビューの中で、シオニストは私たちの子供の臓器を略
奪した、と強調しています。彼らもまた、イスラエルは、殉教者の遺体を引き取
る際に、彼らから金銭を要求したと述べています。15歳の少女の兄弟もまた、イ
スラエル軍は負傷した少女を連行し、その体から臓器を摘出し、遺体を返したと
強調しています。アメリカでパレスチナ人の腎臓を売っていたとして逮捕された
ユダヤ教ラビは、パレスチナで1万ドルで腎臓を買い、アメリカで16万ドルで
売っていたことを認めています。

Â

こうした証言は、イスラエルが、パレスチナ人に対し卑劣な行為を行っているも
のの、その側面はいまだ明らかにされていないことを示しています。こうした
中、同政権はかつて同様、アフトンブラーデッド紙の記事を否定し、この新聞と
スウェーデン政府に謝罪すら求めています。この記事を書いた新聞記者は、イラ
ンのプレスTVのインタビューで、自身の記事は、パレスチナ人の犠牲者の家族
の証言と自ら目撃したことに基づいて書かれた、と強調しました。イスラエルの
この新聞と記者への非難は、いつも行われている非難、つまり、反ユダヤ思想へ
の非難なのです。イスラエルの指導者は、常に同政権の犯罪行為への非難を、ユ
ダヤ人への敵対に見せかけ、反対者を黙らせています。

Â

一方、アフトンブラーデッド紙の編集局長は、イスラエルの指導者とメディアに
対し、次のように述べています。「イスラエルが根拠のない発言や、嘲笑的なプ
ロパガンダを行い、ユダヤ人排斥について触れることで、問題の表面を消し去ろ
うとしたことは、遺憾だ。この記事は決して反ユダヤではなく、イスラエル軍の
行動を暴いたに過ぎない」。こうした中、イスラエルは、スウェーデン政府が、
同政権に対する暴露的な記事の発表に関わったとしています。とはいえ、ス
ウェーデン政府が謝罪を拒否し、表現の自由を強調したことは、シオニストをと
りえず妥協させることにつながりましたが、その報復として、アフトンブラー
デッド紙の記者やカメラマンがガザ地区を取材するのを妨害しています。ス
ウェーデンのある新聞の世論調査によれば、65%がイスラエルへの政府の謝罪に
反対していることがわかっています。

Â

アフトンブラーデッド紙は、自らの報道の義務として、パレスチナ人の臓器売却
に関するイスラエルの犯罪の一角を発表しましたが、いつもどおり、西側のメ
ディアはこの重要な報道を伝えていません。この非人道的な措置は、イスラエル
にとっての大きなスキャンダルとして提示することができます。原則的にこれら
のメディアは、パレスチナ人に対するイスラエルの大犯罪に関する報道を控えて
いますが、パレスチナ人を非難する報道は完全にカバーしています。スウェーデ
ンの新聞記者は、ハーグの国際司法裁判所はおそらくこの問題を審理するだろう
と考えています。また、この問題については、イスラム諸国の追求によって、実
現することができるでしょう。

Â

アフトンブラーデッド紙は、1992年までのイスラエルの犯罪を暴露しています。
この政権はその後も、パレスチナ人の臓器を略奪し続けています。このため、こ
の犯罪をさらに調査するための、国際的な団体が結成されることが必要であり、
それによって、イスラエルの指導者とその密売に関わっている人々の裁判が行わ
れるべきなのです。

Â

▼2015/01/18(日曜) 18:12
テロ組織ISISが、臓器を密売

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/51402-テロ組織isisが、
臓器を密売

▼米市長やユダヤ教指導者ら44人逮捕、資金洗浄に臓器売買も

2009年07月24日 15:33 発信地:ニューヨーク/米国

http://www.afpbb.com/articles/-/2624165?pid=4390694

▼ユダヤ教教師:腎臓を16万ドルで販売
http://www.emaxhealth.com/



CML メーリングリストの案内