[CML 037661] 【報告】第1502日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2015年 5月 31日 (日) 07:47:12 JST


青柳行信です。5月31日

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

<6.7 3万人大集会メッセージ>
☆中西正之(元燃焼炉設計技術者) さんから:
チェルノブイリの過酷事故を経験し、主要な海外の新規制基準は、
原子炉にメルトダウンが発生した時、
溶融核燃料を格納容器の中で大量の水で冷却する事は、
水蒸気爆発が起きる可能性が大きいとして禁止した。
しかし、日本の新規制基準は「有効性評価に関する審査ガイド」で
「メルトダウンの発生時格納容器に落下した溶融炉心は
大量の緊急貯水で冷却対策をしても良い」と示唆(しさ)した。
こんな危険な新規制基準は認められない。
可搬型ポンプ車の格納容器貯水対策と
コアキャッチャー対策とは同じとする川内原発の再稼働に反対です。

 ●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡● 
    〜川内原発のスイッチは押させない!〜
ホームページ  http://bye-nukes.com 
       チラシ・賛同・メッセージ
再稼働阻止の意思表示カンパ賛同金ご協力のお願い。
  http://bye-nukes.com/info/donation.php

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1502日目報告☆
      呼びかけ人賛同者5月30日合計3888名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆口永良部・新岳噴火は天地の声 人の声既に有り廃炉へ進め
      (左門 2015・5・31−1038)
※川内原発より160キロ圏内の火山16の1つが爆発した。姶良
カルデラ、鬼界カルデラなど5つの火山群がひしめいているのだ。
川内原発は直ちに廃炉にし、燃料棒を抜き、冷却を進め、まさか
の時の危険を避けるように取り掛かるべきだ。今度の屋久島町と
しての整然たる避難は模範である。原発ムラを挙げて学び実行す
べきである!天の声・人の声を聞かない者は滅びを免れない。

★ 広瀬 隆 さんから: 
全国のみなさま・・・英語や外国語 の得意な方にお願いです

 先日、5月24日におこなわれた福島県での「原発被害者団体連絡会」(略称・
ひだんれん)の結成集会で、宇宙飛行士の秋山豊寛 さんの講演がありました。
そこで秋山さんが重要な提言をしました。「ひだんれん、を世界語にしなければ
ならない。ヒバクシャは国際語になっている。同じよ うに、HIDANREN
も、世界に知られる必要がある。そして、日本でおこなわれている原発反対デモ
についても、世界中が知らないのはよくない。みなさ んは日本人が知ればよい
と 思っているが、それでは充分ではない。常に、インターネット上で英語のタ
イトルで検索してもらって、世界中の人たちと結び合っ て、この運動を強めて
ゆきた い」という、まことにもっともな指摘でした。

 言われてみるとその通りで、2012年6月29日の歴史的な首相官邸前20万人デモ
さえ、英語では検索 されていないそうです。

 そこでみなさまに早速お願いです。まず、英語など外国語の得意な方に・・・

 6月7日に、博多の上空にヘリコプターが飛び、川内原発再稼働阻止の大集会
を、山本太郎さんが解説しながらヘリ空撮します。そ れを、OurPlanet-TVの白
石草さんがコーディネートして、撮影した映像をインターネットでみなさんにお
伝えします。
 白石さんによれば、「その内容を誰かが、すぐに英語に訳してくだされば、そ
れをYouTubeなどにアップする時に、タイトル に英語が入るので、世界中の人が
知ることができ、ビデオや写真画像を通じて連帯できます」とのことです。

 どなたかEnglish Interpreterとなって、白石さんと連携してくださる有志の
方、いらっしゃいませんか?

 ドイツ語、フランス語、中国語など、色々あってもよいと思いますが、まず、
英語でやってみたいと思います。

 有志の方は、私にご連絡ください。
 私は、インターネットのことは、よく分りませんので、白石さんへの取り次ぎ
係をしますから、ご連絡下されば幸いです。
広瀬隆 takhi at jcom.home.ne.jp

★ 久保田 さんから: 
 九州電力 ・ 原子力規制委員会  御中

川内 ・ 玄海原子力発電所の安全基準等について、以下 質問致します。

○ 安全保証 
福島の住民の大半は、違法な、放射線管理区域 (5mSv/y <)に住み続けています。 

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2011/110422_2.html

電離放射線障害防止規則 (労働安全衛生法 〜厚生労働省)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

全九州、1300万人の、生命 ・ 健康の保証が出来ますか?

○ 安全目標
安全目標は、国民の生命財産を保護する為に、適合性を示す義務があります。

内閣府 ・ 原子力委員会
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2014/siryo16/siryo1-1.pdf

2015年 4月22日、安全は確認されず。 (田中・原子力規制委員長)
http://www.nsr.go.jp/data/000104750.pdf

 安全目標は、何月に公表されますか?

○ 火山
火山活動のモニタリング・システムは、未だ未完成です。

火山対策会議等 (原子力規制委員会) 2015年 5月18日
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/kazan_monitoring/00000018.html
http://www.nsr.go.jp/data/000068842.pdf

システムが稼動するのは、何月ですか?
燃料棒の、3ヶ月搬送システムが稼動するのは、何月ですか?

○ 地震
原子力規制委員会 (震源を特定しない地震動)の基準、Mw 6.5 〜  (H 25.03)
http://www.nsr.go.jp/data/000050725.pdf
http://www002.upp.so-net.ne.jp/bob-k/genpatu-note3e.htm

・兵庫県南部、岩手・宮城内陸、能登半島、鳥取県西部、
・新潟県中越、福岡県西方沖、新潟県中越沖、福島県浜通り

Mw 6.6 〜 6.9 の、8つの地震について検討するよう明記。(8-11p)

地震調査研究推進本部 (文部科学省)、地震動の基準、Mw 6.5 〜 (H 25.02)
http://www.jishin.go.jp/main/chousa/13feb_chi_kyushu/kyushu_gaiyo.pdf

Mw 6.5 〜 6.6 相当の地震について検討するよう明記。(16p)

620 x (20^1/3) ≒ 約 1600 ガル  が、正しい基準地震動。
(規模差 約 20倍)

反論は、ありますか?
日本国民の生命財産に関わる、最重要の安全基準です。

★ 舩津康幸 さんから: 
5月31日の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号43.まで) ※明日の朝はお休みします。
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nrv2d8m
こちらのFBにも書き込んでいます⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
一昨日の火山の噴火、昨日の地震と異常が続いています。火山の噴火は予知できませんでした。
関電が明日から値上げです。

川内(せんだい)原発の地元紙が、
1.「[川内原発審査] 再稼働への不安は強い」南日本新聞(?5/30 付)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201505&storyid=66779
「・・・・適合性審査申請から1年10カ月、他の原発に先行する九電の再稼働手続きは最終段階に入った。だが、福島原発事故後、原発への不信は高まり世論の多くが再稼働に反
対している。自治体や九電は住民の不安に真摯(しんし)に向き合い、安全対策に万全を期さなければならない。・・・・
再稼働手続きは大詰めを迎えているが、住民は安全性に大きな不安を持っている。南日本新聞社が4月に実施した電話世論調査によると、再稼働反対が59%で、賛成の37%を上
回った。川内原発から半径30キロ圏の自治体が策定した避難計画については57%が「計画に沿った対応は困難」と答え、「現段階では十分」は5%にとどまった。・・・・
九電は7月下旬に1号機、9月下旬に2号機の再稼働を目指している。住民の不安を置き去りにしてはならない。避難の実効性を上げる必要がある。安倍政権は審査に適合した原発
は再稼働させる方針だ。だが、安全性を担保したものでないというのが規制委の認識である。・・・・
「新規制基準は緩やかで合理性を欠き、適合しても安全性は確保されていない」。関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の再稼働を認めない仮処分を決定した福井地裁の指摘であ
る。川内原発の申し立ては却下されたが、再稼働の動きに待ったをかけた事実は消えない。福島原発事故は、4年たってもいまだに収束していない。政府は再稼働の責任の所在を曖
昧にしたまま、原発回帰の姿勢を鮮明にしている。
世論調査では今後の原発政策について「再生エネルギーの普及状況を見極めて決めるべき」が7割を占めた。脱原発への取り組みを強化すべきだ。」 
<後略>

★ 田中一郎 さんから:
 <確率論的リスク評価(PRA)を原発・核燃料施設に用いることのどこがおかしいか>
昨今、原子力ムラの似非科学者や御用技術者らから、原発・核燃料施設の安全管理に.「確率論的リスク評価(PRA)」の手法を用いるよう、強
い働きかけがなされているようです。ご承知のように、先般、国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発事故の実態とその原因に関する最終報告
書を策定したことが報道されましたが、そこでも、この.「確率論的リスク評価」の導入が勧められているようです。

では、この.「確率論的リスク評価」とやら、ほんとうに原発・核燃料施設の安全管理の質やレベルを向上させ、私たちをその過酷事故から守って
くれるものなのでしょうか。現時点で、私はこの点について大いに疑問であり、むしろ原発・核燃料施設の超危険性を覆い隠して、次の過酷事故を
準備するインチキ手法の一種なのではないかと疑っております。以下、簡単に私の問題意識・疑問点をメモ書きにしておりますので、ご参考にして
ください。

●IAEA報告書 「大津波の危険認識 福島第一対策怠る」(東京 2015.5.25)
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015052401001632.html
 http://blog.goo.ne.jp/aikokusyanozyaron/e/9f9a401e7fdf37550891372ae1813262

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IAEAは福島の事故前から、加盟国に対し原発の安全性を評価する際、機器の故障などが大事故に至るすべての可能性を把握する確率論的安全評
価(PSA)の適用を勧告。二〇〇七年の専門家による訪日調査では「日本には設計基準を超える事故について検討する法的規制がない」と指摘
し、過酷事故に十分備えるよう求めていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)「想定外」を一蹴 IAEA報告書 「国際慣行に従わず」批判(東京新聞) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/880.html

 <参考サイト>

(1)確率論的リスク評価手法 (PRA)について - 原子力委員会(Adobe PDF)
「確率論的リスク評価手法 (PRA)について」でネット検索をしてみてください。

(2)(日本、米国、英国、仏国)における 確率論的リスク評価の ... - 経済産業省(Adobe PDF) - htmlで見る
「日本、米国、英国、仏国)における 確率論的リスク評価」)でネット検索をしてみてください。

(3)(2) 決定論的評価と確率論的評価 の統合の課題 - 日本原子力学会(Adobe PDF)
「決定論的評価と確率論的評価 の統合の課題」ネット検索をしてみてください。

(4)みずほ情報総研:確率論的リスク評価(PRA)
 http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/column/2014/0408.html

(WORDファイルの私のメモを転記)
======================================
1.「確率論的リスク評価」とはどういうものか
 
2.「確率論的リスク評価」の問題点
(1)大数法則が確認できない=サンプルの数の過少
 自然界事象と人工事象との違い
 プロセスを問わずに結果だけを集計する手法
 経験科学的な実験検証ができない、過去にもデータは存在しない
 過去の原発・核燃料施設過酷事故は「確率論的リスク評価」の誤りを実証している

(2)確率分布の形状が決められない
 正規分布、ポアソン分布
 似たものに「生物学的半減期」

(3)事故の定義、トラブルの定義の問題
 定義しきれない・恣意性
 事象細分化の恣意性
 事故シーケンスまたはイベントツリーの恣意性(あるいは限定性)
(設計外的事象・事故及び事象の連鎖の怖さ、事故の予測可能性)

(4)建設から運転まで「善管注意義務完全履行」が前提条件=「悪意」のサボリが存在しない
 施工が設計通りであることが前提(平井憲夫氏)
 保安規定・マニュアル通りであることが前提
 対応時における人為ミス(大数法則にできるのか?)
  ⇒ 確率計算の前提があやふや=あらかじめ見えないリスクは無視される

(4)事象・事故(確率変数)の独立性=因果連鎖の評価
 「A事故」発生頻度(確率)=事象1×事象2×事象3×事故4×事故5×事故6・・・・・
 (事故・事象シーケンス又はイベントツリーを掛け算しながら追いかけて「A事故」確率算定 ⇒ 全ての事故を合計)
 事故や事象は複雑な連関性を持っていて連鎖的に発生・同時多発を引き起こす =掛け算はダメ
 自分達に都合のいい「お化け屋敷」方式では複雑系施設の過酷事故(巨大事故)は把握しきれない

(5)損害・被害の巨大さ
「確率論的リスク評価」=発生頻度(確率)×事故発生による影響(損害)
 掛け算はダメ  発生頻度=0.0001(0.01%)×損害=10000兆円 リスク=1 
         発生頻度=0.1(10%)    ×損害=10兆円    リスク=1
  上記2つを「同等」のリスク評価をしてはいけない
  巨大で不可逆的なダメージをもたらすリスクのある技術を人間は使ってはいけない
 (原子力ムラの(御用)似非科学者たちに私たちの命や生活、人生を託すことはできない)

3.ねらいは 
 安全管理の手抜き=コスト削減(リスク評価の低い安全対策をカット)
 安全性の見せかけイメージアップ、
 科学的装いによる異論の排除

 −−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

● ドキュメンタリー「日本と原発」の上映会 案内 ● 
    上映会 <日時、場所> 案内
http://tinyurl.com/lrhuvpn

▼日本と原発ウェブサイト
http://www.nihontogenpatsu.com/
▼予告編
https://www.youtube.com/embed/lj-6flmlmcM?rel=0&autoplay=1

●<私のフェイスブック>●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  〜川内原発のスイッチは押させない!〜
    福岡市舞鶴公園: 福岡市中央区城内1番
     地図 http://tinyurl.com/n6wl32h

<事務局会議>
  1)日時 6月1日(月)18時30分〜21時
  2)場所 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

 <<九州電力による川内原発再稼働を目前にして、
6月7日(日)、史上最大規模の集会を開催>> 大成功のため
 ホームページ http://bye-nukes.com で登録・ダウンロード。
    チラシ・賛同・出店(マルシェ)・メッセージ

・再稼働阻止の意思表示カンパよろしくお願い致します。

郵便振込み:口座記号番号  01710−4−143553
 加入者名   原発いらない九州実行委員会

他銀行から:  店名(店番)  一七九店(179)
        預金種目    当座
        口座番号    0143553
                        
● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第13回裁判判 6月11日(木)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9275名 (5/27日現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内