[CML 037626] 江戸しぐさ正体みたり嘘だらけ 原田実の星海社本

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2015年 5月 28日 (木) 09:59:33 JST


「江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統」
<http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014090700013.html> 原田実
<http://blogos.com/article/96470/> 星海社新書 <http://www.seikaisha.co.jp/>

伝統かと思いきや、オカルトだったという衝撃の報告。

----------- 備忘メモ --------------------------

22 *文部科学省の道徳教材 教科書*にも

40 傘かしげの嘘っぱち

45 *かに歩きは、海軍から!?*

54 三脱 身分社会では、ありえない

57 時どろぼうは、死刑相当!?

71 禁煙の嘘

108 なんだい 老人の愚痴じゃん

150 *反骨の産物が、巡り巡って権力に都合よく使われる* 怒

178 専門家が社会的責任を果たさなかった帰結

180 江戸と言えば...*田中優子・法政大学総長*まで

----------- 目次 ----------------------------

はじめに 「江戸しぐさ」を読み解く三つの視点

第1章 「江戸しぐさ」を概観する

第2章 検証「江戸しぐさ」―パラレルワールドの中の「江戸」

第3章 「江戸しぐさ」の展開―越川禮子と桐山勝

第4章 「江戸しぐさ」の誕生―創始者・芝三光と反骨の生涯

第5章 オカルトとしての「江戸しぐさ」―偽史が教育をむしばむ

第6章 「江戸しぐさ」教育を弾劾する―歴史教育、そして歴史学の敗北

おわりに 「江戸しぐさ」は最後の歴史捏造ではない



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内