[CML 037585] 「大津波の危険認識 福島第一対策怠る」 IAEA報告書 (東京新聞)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2015年 5月 26日 (火) 00:19:23 JST


M.nakata  です。
これは重大ですね。



< 拡散歓迎>

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

「大津波の危険認識 福島第一対策怠る」 IAEA報告書
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015052502000152.html 
2015年5月25日 朝刊

 【ウィーン=共同】国際原子力機関(IAEA)が東京電力福島第一原発事故を総括し、加盟国に配布した最終報告書の全容が二十四日、判明した。東電や日本政府の規制当局は大津波が第一原発を襲う危険を認識していたにもかかわらず実効的な対策を怠り、IAEAの勧告に基づいた安全評価も不十分だったと厳しく批判した。 

 報告書は四十二カ国の専門家約百八十人が参加して作成。要約版約二百四十ページが六月のIAEA定例理事会で審議された後、九月の年次総会に詳細な技術報告書と共に提出される予定。事故の教訓を生かした提言も含まれており、今後、各国の原発安全対策に活用される。再稼働へ向けた動きを進める電力各社に対し、安全対策の徹底を求める声も強まりそうだ。

 報告書では、東電が原発事故の数年前、福島県沖でマグニチュード(M)8・3の地震が起きれば、第一原発を襲う津波の高さが最大約十五メートルに及ぶと試算していたが、対策を怠ったと批判。原子力安全・保安院も迅速な対応を求めなかったと指摘した。

 原発で働く電力社員らは過酷事故に対する適切な訓練を受けておらず、津波による電源や冷却機能の喪失への備えも不足。原発事故と自然災害の同時発生に対応するための組織的な調整もなかったとした。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

壺井須美子 ‏@hivere 11時間11時間前 

ということは、「対策の必要なし」、と国会で発言した安倍氏がまさに、福一事故の「最高責任者」ということですね。@Odabokunen 東京新聞:「大津波の危険認識 福島第一対策怠る」 IAEA報告書:社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015052502000152.html … …

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””




CML メーリングリストの案内